やっぱりHT Recorderは便利だ

Pocket

以前「iPhoneでは通話が録音できない」で書いたが、iPhoneでは、アプリなどを使っても、通話を録音できない。
これは、例えば、米国などでは、州の法律によって、相手の同意なしに通話を録音することは禁止されていたりするからだ。

しかし、日本では、「詐欺」などの犯罪対策で、通話録音を推奨していたりする。
そこで、ボイスレコーダー用 テレフォンピックアップを紹介した。
これは、iPhoneだけではなく、普通の電話機にも使えて便利だ。

他にも、iPhoneに限れば、海外の製品で、持ち運びには、もっと便利な「MQ-U2という商品もあるようだ。ちょっと見た目や装着感に違和感があるが、確かに便利なことは便利のようだ。

昔は、実は、iPhoneアプリで通話が録音できるアプリが一時、存在した。しかし、バージョンアップで、二度と、通話が録音できなくなった。たぶん、Appleの要請によるものだろう。

しかし、アプリで通話が録音出来ないことをあきらめても、元々、iPhoneには付属のボイスレコーダーが存在するのだが、通話が録音できないどころか、会議などで、ボイスレコーダー代わり使うには、録音自体、あまり満足がいくものではなかった。
とにかく、何か、会議などでメモ代わりに使える実用的な録音アプリはないかと探しまくった。

というのは、たとえば、会議では、1対1で、そんな大きな声ではなくて話すこともあるし、また数人で論議する時もある。また、大きな会議場で話すこともあるだろう。
その時によって、1番拾いたい音は違う。近くの音を拾うのか、遠くの音を拾うのか、その状況によって、大きく変わってくる。

そして探しに探して、いろいろと録音アプリを購入しまくった結果、最終的には「HappyTalkレコーダー」というアプリに行き着いた。
今では、他の録音アプリは、ほとんど使っていない。
最初に、これを使った時は、本当に感動した。とにかく、状況に応じて、通常の会議や会話を、思った以上にクリアーに録音できるのだ。

 

HT2
上の絵を選ぶと、1対1で話す時に便利だ。周囲の雑音より、近くの音を拾ってくれる。

HT1
この場合は、たとえば、数人の会議の時に便利だ。ちょっと遠めの音を拾ってくれる。

HT3
この「イルカ」の場合は、広い会議場や講演会などで、遠い音を拾う時に便利だ。

HT4
そして、これは、音楽のコンサートの時、良い音で録音したい時に使うことができる。

録音したファイルに関しては、いろいろな転送方法が選べる。
HT5

1番簡単な方法は、左上の「Share」をタップして、「iTunes Export」を選ぶ。
すると、iTunesのiPhoneにつないだ時にあらわれる、「App」の下の方の「ファイル共有」の「HT Recorderの書類」にWavファイルが登場する。

HT6

今回、この老舗のアプリを紹介したのは、よくよく考えたら、今まで紹介していなかったことと、ひさびさ、使う機会があり、その便利さをあらためて痛感したからだ。
また、数回のバージョンアップによって、昔と転送方法がちょっと違ってとまどったので、メモ代わりに1番簡単な転送方法を書きました。

HappyTalkレコーダー(HT Professional Recorder) App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥700

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です