Macの海外版Adobe AcrobatのOCR機能のメモ

今回は、前回書こうと思った「Macの海外版Adobe AcrobatのOCR機能のメモ」。

よく聞く話で、Adobe Acrobatの一番のウリは、OCR機能というのだが、今までは別に使う機会がなかったので、せっかくMac版のAcrobat X Proを持っていても、試す機会はなかった。というのは、昔なら、よくFaxが使われいたので、それを書類として文章を起こす際のために、色々なソフトを購入し、度々活躍してもらった。特にパナソニックの「読取革命」シリーズにはお世話になった。日本語の認識率が昔から非常に高かった。
特にそういう日本語のOCR機能を使う機会が全くなくなった上、自分が持っているMac版のAcrobat X Proは英語版だ。通常、使わなければいけなくなる場面がなかった。しかもたとえ使用しなければならない場面があっても、以前は、MacのApp Storeで安く買ったなかなか性能が良いOCRソフトを持っていた。 →「Macの海外版Adobe AcrobatのOCR機能のメモ」の続きを読む

ある「愚痴」

ここ最近、どうもスカ続き。色々な件で奔走しまくって、何日間も家で缶詰になって書類などを読みまくったりして実行する準備をしたら、結局話がナシになって、1円にもならないとか、どうやら貧乏神が取り付いてしまっているような状況。ここ最近、色々な分野でやたらとやらされる事が多いのであるが、結局タダ仕事ばかり。

例えば、それが困っている人やお世話になっている人とかのためならば、そりゃしょうがないし、やり甲斐もあるのだが、最近の世の中、金を持っている奴らばかりが、そういうことばかりしやがる。 →「ある「愚痴」」の続きを読む