「Hong Kong」カテゴリーアーカイブ

ずーっと平日

みなさま、明けましておめでとうございます。

昔の香港は、クリスマス〜正月〜旧正月にかけて、街並みのデコレーションが派手になり、年の瀬という実感とともに、それが「観光」の呼び物となっていましたが、今年は本当に「平日」という感じです。

もともと、アジアのかなりの国は、西暦より旧暦の正月を大切にする傾向があり、日本ですら、明治のはじめまでは、「正月」=「旧暦の正月」であり、しかも2017年の旧暦に関しては、同じ月が2回ある「閏月」の年であったため、本当の「戌年」の正月は、2月16日と、あと1ヶ月以上もあるので、まあ、今年のクリスマス〜正月が地味というのも納得します。

日本の「初詣」に当たるのは、この2月16日で(正確には、2月15日の午後11時から)、西暦の1月1日に香港で通常、「初詣」に行く人はいないのですが、今年の1月1日は旧暦の11月15日にあたり、旧暦の1日と15日は、普通にお寺などにお参りに行く人が多いため、1月1日のお寺は、祝日ということもあり、結構賑わっていました。 →「ずーっと平日」の続きを読む

香港のお盆か・・・

先週の水曜日、8月23日に、台風13号(ハト)が香港を直撃し、5年ぶりのシグナル10という猛威で、各所に深刻な被害をもたらししたかと思ったら、数日後の日曜日の朝、今度は、台風14号(パカー)が襲来。台風13号ほどではなかったものの、シグナル8で、これも去って、やれやれ、これで当分大丈夫かなと思っていたら、それから1週間後の昨日、日曜日。また台風が直撃するという話だった。今度は、台風16号(マーワー)。ただこれは結局直撃はせず、シグナルも最高3で終了のようで、やれやれといったところであった。

そういえば、今日、8月4日(月)は、旧暦では、7月14日。旧暦の7月は「鬼月」と言われる月。いわゆる地獄の窯の蓋(または門)が開くというやつで、その旧暦の14日は、日本でいうところのお盆に当たる、盂蘭(ユーラン)節の中心の日だ。 →「香港のお盆か・・・」の続きを読む

シグナル10!!

現在香港に台風13号(ハト)が接近し、今朝、23日の午前5時20分過ぎに、シグナル8に変更になり、午前中、シグナル8のままかと思ったら、9時10分になんと5年ぶりに、シグナル10に変更となった。
香港の台風警報は5段階であり、シグナル1、3、8、9、10。つまり現在、香港の台風警報の最大というわけだ。

通常、気をつけなければいけないのは、シグナル3と8で、シグナル3で香港の幼稚園はお休み。(小学生以上は通常通り)、そしてその上の8になると、バスやフェリーの運行休止。(地下鉄は動いている)全学校はお休み、会社出勤も免除となり、株式市場などの金融市場は休場となる。ただ、お昼の12時までに、シグナル8が3などになれば、例えば株式市場は後場から再開、銀行なども午後からオープンとなるが、午前11時30分現在、シグナル8どころか、シグナル10のため、今日1日、オープンされず、お休みとなってしまうのであろう。 →「シグナル10!!」の続きを読む

増殖する香港の棺桶部屋

もう5年以上も前に、ここでも取り上げた香港名物「棺桶部屋」。あれからどうなったかというと、なくなるどころか、ますます増加し、国連ですら問題として取り上げるまでになっている。

増えるのは当たり前で、実はこの棺桶部屋、不動産投資としては実においしく、中国本国からの虎の威を借りたお金持ちの方々や「危ない人達」の投資対象にまでなっている。
日本から言えば「対岸の火事」と思うかもしれないが、実はそういうものでもない。 →「増殖する香港の棺桶部屋」の続きを読む