そうか、ZenFone3か・・・・

Pocket

ここ数ヶ月、昨年書いた、「ZenFone2のSIMカードの簡単な取り出し方」という話のアクセスが結構目立つ。この話は、ZenFone2のSIMカードに関し、装着は簡単なのだが、それをはずすのが、説明書に書いてもなければ、指ではずそうとしても、何とも滑ってなかなかはずせない。

あれこれ色々なところで書いてあるものを参考にしても外せなかったが、結局、指が滑るのであれば、粘着があるものではどうかと、試しにセロハンテープで、くっつけて見たら、これがいとも簡単にはずすことができた。でも何で、ここにきてその「はずし方」の閲覧が多いのか、今やZenFone3というのに・・・と思ったら、「だからか!」と納得した。
ZenFone2より高機能、同じようにコストパフォーマンスに優れているZenFone3が登場したわけだが、さすがに食指が動く。どこぞのAndroidのような爆発騒ぎは聞かないし、以前書いたが、なぜ以前にZenFone2を購入したかという理由は、通話が録音できるAndroid携帯で、その前、日本の大手S社の並行輸入のスマホを購入したのだが、これに、どうやらバックドアを仕掛けられていたようで、情報漏洩とかの問題以前に、重くて使い物にならなかったためで、ASUSは、本当の意味でXXどっぷりの他の企業より遥かに安心感が高く(詳しくは問題が多いので、書かない)、それにもともとこの会社自体、マザーボードの老舗でPC関係では信頼が高く、もはや携帯PCというべきスマホでは、この会社が優れているというわけで、これなら安心ということもあった。

しかしながら、新しいZenFone3の問題点は、今回もSIMカードをやはり2枚装着できるが、SIMカードの交換は、蓋を開けずに簡単にできるものの、2枚装着してしまったら、どうやら、miniマイクロSDカードを一緒に装着できないらしい。ただ、もはや32GBやら64GBのストレージな訳で、本来、外部メモリーは使わない方が良いわけだし、2枚装着しないケースが多いだろうから、そこまで問題を感じない。

「格安スマホ」だから、色々と、よくよく考えて購入すること。だから自分の場合、行き着いたのが、ZenFoneだったわけで。確かに3、買いたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です