Windows10のアップグレードで本当に小さな「やっちまった」事

Pocket

Wimdows10が登場し、今回、「人柱」として、Windows8も使ったことがないのに、いきなりWindows7から10に移行したので、かなり操作関係にとまどってしまう。しかもiMacのBoot Campで導入したから、なおさらだ。
ただ、7から8及び8.1より、7からの10の移行の方が覚える操作等、まだ簡単なのかもしれない。たった1つのこと、Windows8で、あのスタートボタンをなくした「間抜けな行為」はやはり大きいということだ。
そして10を実際使ってみると、今度詳しく書くと思うが、「Mac使い」にとっては、7より10の方が、より使いやすい。Boot Campを考える場合、将来的には、各社対応が完了し、バグなども修正されるであろうWindowsは10との組み合わせが、一番しっくりいくかと思う。

今回、Boot CampのWindows7から10にアップグレードした際、7の環境をそのまま10に受け継いでくれたから、元々、Boot Camp用に、余計にハードディスク食わないよう、いろいろとやっておいた環境も受け継いでくれて、移行後の処理は、大変楽であった。

そのあたりはまた、追々書くとしても、今回、Boot Campの話が最後までいっていないものの、取り急ぎ、Boot CampのWindows7をWindows10にアップグレードした際、「しまった、やっちまった」ということが2点ほどあった。
ただ、やっちまったが、別に、さほど致命的でもなく、後で「なんとかなる」が、「やっておけばよかった」程度のことなので、とりあえず覚え書きという事で、取り急ぎ書いておく。これらをちゃんとやってWindows10にアップグレードした人は偉い。ただ、普通、関係ない人が多いかもしれませんが。

まず、iTunesの「認証」の解除だ。古い環境を引き継ぐから必要ないかと思ったが、これはAppleのOSXではない。見事認証し直しという憂き目にあい、ついに5台分オーバーの扱いとなる。ということで、新しく認証できなってしまった。
しかし慌てない。以前、「iTunesの認証の解除をせずにクリーンインストールしてしまった」で書いたが、これを「Store」→「アカウントを表示」を選び、「アカウント情報」の「Apple IDの概要」の「コンピューターの認証」から「すべての認証解除」のボタンを押すだけでOK。とりあえず、すべてをリセットできる。ただ、次やるには、また1年間も待たなければいけないが。

そしてもう一つ。アンチウイルスソフトの件だ。今使っているカスペルスキーなのだが、実は、一番新しいバージョンのみが、Windows10に対応している。つまり、まずWindows10をインストールする前に、このカスペルスキーのアンチウイルスソフトを新しいバージョンにアップデートしないといけなかったのだ。古いバージョンだったので、Windows10にアップデートしても立ち上げられない。そしてやっかいなことに上書きインストールで、インストールできない。まあ、これは、古いバージョンをアンインストールして、新しいバージョンをダウロードしてきて入れ直せば問題なかったが、ちょっと肝をひやしたぜ!だ。まあ、日本の「遅れた」銀行さんが、アップグレードに関して消極的だが、確かに普通の人は、人柱が火だるまのなるか見極めて、インストールした方が良いかもしれない。まあ、あのクソVISTA以上の火だるまになることは、とりあえず、なんだかなさそうだ。

ということで、現在、ソフトの検証を行ったりしているが、まあ、Boot Campで使う程度のソフトに関しては、そこまでは問題なさそうだ。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です