正念場

体調不良やPCのトラブルなどで、書こうと思いながら、何も書けない状況だったために、すっかり遅くなってしまったが、先日、Appleの、2013年度第3四半期の決算発表があってそれにに絡み、現在のAppleの現状などがいろいろと明らかになっていた。

今回は、2期連続の減益ながらも、事前の「アナリスト予想」よりは良かったわけなのだが、昔から思うに、そのアナリスト予想自体、ちゃんと分析しているのかと思ってしまうことがある。
また、一部の日本の「一流」新聞等の解説等を見てみると、相変わらず、世界的にではなく、日本「独自」の狭い考えに基づく分析をしている記事が多かったりして、だからあれほど素晴らしく世界水準の数歩先を行っていた一部の日本のハイテクというか携帯電話関連会社等は変な方向にミスリードされていったために、ダメになったんだろうなと、へんな風に納得してしまう。

もう発表から、かなり時間が経ってしまったので気になったことをひとつだけ。
地域別売上高の件だ。

→「正念場」の続きを読む