香港、コーズウェイベイにApple Retail Storeが、オープンだと!!

Pocket

日曜日の香港の旺角(モンコック)。有名な携帯電話が売っているビルあたりの外で、何やら怪しい立て札と、横には新品のiPhone5やiPad miniを積み重ね、その持ち主たる人達が、何やら、道ゆく人に話しかけている。
よくよく見ていると、どうやら、「iPhone5やiPad miniを高値で買いますよ!」ということらしい。売るのではなく、買うわけだ。

ここ最近は、ようやくそういう買取の人達が、静かになったなと思ったら、また、ここに来て出てきた。よくよく考えると、そうか、もうクリスマスも間近になってきたか・・・。なるほどね。たぶん、プレゼント用の需要なんだろう。

iPhone3Gが出たての頃、香港で、「iPhoneっていいよ」と言ったら、バカにされたものだった。その頃は、iPhoneなど持っている人を街であまり見かけなかった、特にお金持ちあたりのステイタスの携帯電話は、「ブラックベリー」で、じゃあ、一般の人達はというと、やはりその頃はまだ、ノキア中心で、サムスンなどが健闘しているような感じであった。

それが、iPhone3GSの終わりの頃から、なんだか、ブームというか、ファンションみたいになってきて、いつのまにか逆に、いろんな人達から、「新しいiPhone買わないの?」とか言われるようになった。

しかし、IPhone5の登場と共に、逆に使い勝手や対応が遅くなったように思える。以前、「やっと天気がわかるように・・・」で書いた通り、香港の天気が表示されない問題を書いたことがあったが、それ以外にも、色々トラブルがあって、問い合わせをかけたら、たらい回しにされ、「ここは役所か!」と思えることが多々あった(今度詳しく書くことにする)。有名どころで、Appleの地図のめちゃくちゃさがあるが、ニュースなどで、もうご存知の方が多いと思うが、ここにきて、ようやく、悲願のGoogle Mapsのアプリが登場した。

Google Maps App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料

これで、少しは便利になる。よかった。よかった。ただ、個人的には、以前のGoogle Mapsの方が良かった気もする。この3D表示は、逆にどうもじゃまだ。「地図の役目」って何かを追求しないのであろうか?何か格好ばかりで、実用性をもっとちゃんとして欲しい。3Dより、ストリートビューの使い勝手を、もっとよく改良したら、最強なのにと思ってしまった。

これは、確かにiPhoneアプリではあるが、あくまで、Googleの話であり、このアプリは、Apple製ではない。

そのAppleは、バブリーな直営店を香港に作ったが、現在2店舗で、確かに1店舗、でかすぎるが、あれば便利、まあ、香港(島)サイドに1店舗、九龍サイドに1店舗、こくらいで良い話で、欲を言えば、新界(ニューテリトリー)サイドにもう1店舗くらいだろうと思っていた。それより、賃料が高そうな香港サイド(セントラル)の巨大店舗の直営店は、将来、大丈夫なのかと、思ってしまうが、なんと、今週の土曜日、その同じ香港(島)サイドの銅鑼湾(コーズウェイベイ)の新しい、ショッピングセンター「Hysan Place」に、なんと、3番目の直営店舗をオープンするらしいのだ。

香港、銅鑼湾(コーズウェイベイ)と言えば、今年度、ついに、ニューヨーク5番街を抜いて、世界の商業賃貸料1位となった場所だ。またまあ、同じ香港サイドに・・・・
今は他の投資をするべきなのでは???と考えこんでしまう。

しかしながら、「Hysan Place」って、昔、日本のデパート「三越」や「日本人倶楽部」があった場所だ。何か時代の「情けない」流れが身に染みる話であった。

今週の土曜日の午前9時にオープンするという立て看板

どうやら、ここが入り口になるらしい

外から丸見え。奥で何やら、オープンに備え、ミーティングをやっている様子であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です