香港でも日本と同じ日程でiPad Miniを発売

Pocket

未だに、iPhone5のプレミアムがつきまくりの香港。運良く買えたらすぐ転売で、大儲けできるという状況が続いているらしい。
ネットのApple Storeでも、米国は3−4週間待ちとなっているが、香港の場合、未だに、それどころか、その表示すらない。つまり、出たら、すぐ完売なわけだ。

そのうち書くが、今回のiPad Mini、かなり中国人をも意識した商品でもある。
香港では、26日より予約開始。また、Apple Retail Storeでの店頭での正式販売は、日本と同じく、11月2日の午前8時からなのだが、店頭で行列をすれば買えるというものではない。そういうことをすると、転売業者達の暴力事件が起こってしまうからだ。

ということで、iPhone5と同じく、1日前にネットで予約ということになる。しかしながら、1日前など、また、ネットにすら入れないだろう。それどころか、明日からの予約販売も、予約までたどりつけない可能性は大。みんな自分が欲しいからではなく、「転売」を狙っているからだ。

今回のiPad Miniなど、「入門的」な廉価版の意味合いもあるのに、それとは逆になりそうだ。

ただ、今度のiPadより、相変わらず、iPhone5の人気が相変わらず高いらしい。iPadのWifi版に関しては、特に、すぐに店頭で買える日も、そう遠くないという予想の人が多い。

また、iPhone5の根強い人気の理由の中のひとつに、iPhone5は軽いからだと分析している人もいる。つまり、これを深読みすれば、一体、なぜ、香港で特に売れているかがわかる。

ということで、iPad Miniは、香港では、後で、もっと評判が高くなる可能性も大かもしれない。
しかし、どうせ、春先までには、RetinaディスプレーのiPad Miniが出るんだろうけれども・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です