ショックを受けた80年代香港 その2 達明一派

達明一派(ダッミンヤッパイ)

彼らは香港のグループなので広東語で発音するとこうなるのであるが、日本人はよく彼らのことを英語かよくわからないが、ダッミン・ペアと呼んでいるようである。

80年代後半、私は会社の転勤で香港にいた。当時、日本では香港の音楽の情報など全く入ってこない。だからどういうものか全くわからなかった。当 時の日本のロックには失望していた。なぜ、欧米のようなタイプのPOPでメロディアスな市民権を得るような、悪い意味では商業的かも知れないが、ロックグ ループが出てこないのかと思っていた。その意味、当時はまだメジャーでなかったBOWYに期待していたひとりで、香港に行った時は、まだそういうグループ の誕生の兆しが出始めたころで、そのあとのイカ天とかのブームの前である。日本ですらこうなのに、香港ではどうせもっと程度が低いものであろうと考えてい た。

しかしその偏見は一気に吹っ飛んでしまう。達明一派(ダッミンヤッパイ)。当時、新曲を出す度に香港のチャートでは必ず即1位。(と、言っても香 港でシングルを見たことないが・・・)2人組のユニットで、サウンド的には最初は「ウルトラヴォックス」に影響を受けたようなサウンドである。だが劉 以達(タツ・ラウ)の音楽性は凄く、それだけにとどまらず、色々なタイプの音楽を貪欲に自分達の音楽の中に取り入れ進化した。特に名曲「石頭記」などは、 中国の旋律を西洋的にアレンジした名曲だと思う。

メンバー結成は1985年。サウンド全体を作り上げている劉 以達(タツ・ラウ)がボーカルを募集。甘いマスクの黄 耀明(アンソニー・ウォン)を採用。まさに全く同時期に出たペットショップボーイズの「Opportunities」さながらのユニットである。今でこそ このパターンはよくあるが、当時このようなユニットは日本ではなかった。

で、第一線で活躍していくのであるが、結局、90年にちょっとへんだな?のラスト1曲(「十個救火的少年」)を出し、惜しまれながら解散。ラストのあれはやはりそうか、実は・・・・この話はまずいのでよそう。(追記:もう本人がゲイと告白されたので、タブーではなくなりました。甘いマスクのアンソニー・ウォンに黄色い声を挙げる女性ファンは昔から多く、あの人はゲイなのにと、よく思ったものでした。雑誌のインタビューなどによると、本当ははやく世間に公表したくてもできなくて苦悩されていたようです。)
その後それぞれソロで活躍。96年に再結成された。
2人ともよく映画には出ている。甘いマスクの黄 耀明(アンソニー・ウォン)はわかるが、劉 以達(タツ・ラウ)は?とか思うが、時代劇などでなかなか渋い師匠役を演じたりする。

ここ数年でも、彼らのいくつかの名曲がマンダリンになって(もともと香港だからオリジナルは広東語)もう一度ヒットしたりしているのをみても、い かに彼らが80年代において時代をリードしていたかは明らか。かなりの香港アーティスト達に影響を与えたのだが、もっと早く日本でも紹介されるべきアー ティストであった。

96年に再結成されたために、その後については紹介しているホームページも多い。特に黄 耀明(アンソニー・ウォン)は日本でもファンは多いようだが・・・。でも当時の全盛期の彼らの姿やTVでのライヴなどみることができて私は幸せだったように思える。

おすすめの曲は先述した、最初のイントロが印象的な「石頭記」、あれ?エマニエル婦人?まあまあ・・・、でもこの曲も好き「馬路天使」、涙!涙!の「禁色」、テクノ「今夜星光燦爛」、インパクトが強い「天問」など・・・・。

後、話したいのは「BEYOND」です。日本では、リーダーが、あのバラエティの事故死で誤解されたまま(単なる香港のアイドルグループの位置づけ)で、終わってしまっているのは残念です。誰でも知っていて名曲と言えば、「長城」でしょう。え?知らない?
かの電波少年のオープニングテーマですよ。(笑)まあ、あのシンセをやっているのは実は「喜多郎」さんなのですが・・・。

日本進出のため、日本語でも歌っているバージョンもありますが、日本語版の歌詞がちょっと・・・・・。ひどすぎる。せっかくの「BEYOND」のオリジナル詩をおもいっきり破壊してしまって。
「BEYOND」については、気が向いた時、書きます。

達明一派のベストアルバム。香港のiTunes Storeで、もちろん購入できるのだが、なんと日本のiTunes Storeで、このアルバムや好きな曲だけでも買える。良い時代になったものだ・・・・。