スペシャルプロモーション?はあ?

相変わらず、香港はどこに行っても単体販売のiPhone4Sは売り切れ。かと言って、携帯電話会社で申し込んでも、現実にいつ受けとることができるやらである。

通常は、旺角の「先達廣場」で高めの価格で調達ということになるが、なんと、香港の某大手チェーンの電気屋でiPhone4Sがちゃんと定価で売っているという。しかも、16,32,64Gのそれぞれの在庫がまだちゃんとあるとのこと。

普通ならこれは、即買いなのだが、そこは香港。「スペシャルプロモーション」と、訳のわからないことを言う。どうやら、これを買うには、その電気屋が用意したある商品を一緒に買わないといけないらしい。その買わなければいけない商品は、ナカミチのBluethoothヘッドホン。あれ?ナカミチってそういうの作っていたっけ?ネットで調べても商品が見つからない。だいたいナカミチってもう日本の会社ではない。では、そのヘッドホンっていくら?えええ?HKD2,588?(円高でも25,000円もする)

それはスペシャルプロモーションって言うの?それは、シンガポール名物、バンドル(Bundle)だろ。(昔、シンガポールでは、PC商品でやたらこの売り方をしていた)
つまり日本語で言うところの抱合せ販売だ。ちなみに日本では、こういうケースは独占禁止法違反となる場合もある。

まったく、昔と違って英語が下手くそになった香港人。ちゃんとバンドルって言えよ。それともわざっとか?