香港、iPhone4S予約開始、45分で「はい、おしまい。」

ついに11月4日より、香港でiPhone4Sの予約販売が開始される。
シムロックフリーのiPhone4SがApple Storeで予約販売となったが、全くページにアクセスできない。なんと、たった45分で完売したとのこと。

「45分だから開始直後から45分間チャンスがあった」わけであるが、全くアクセスできないわけだから、チャンスもクソもない。
実際、Apple Retail Storeの店員に聞いたら、「僕もトライしたが、買えなかったよ。わははは。」だ、そうだ。
一人10台まで買えるということで、どうやら、転売業者などや学生アルバイトが大量に流入した模様。ただ、Apple側も転売対策なのか、この商品の受け取りに関しては、「11月22日から12月6日のいつになるかわからない」という「殿様商売」の条件がついていて、一応先着順となっているのだが、今回運良く予約ができても、かなりの人たちが来月受け渡しになるであろう。

正式販売は、11月11日で、その日、IFCのApple Retail Storeでも販売するそうだ。しかし、行列はもとより、毎回恒例の「血の雨」が降りそうな予感。金が絡むと怖い・・・。

なお、お値段だが、
16G HKD5,088
32G HKD5,888
64G HKD6,688
と、前回のiPhone4販売スタート時に比べ、若干、高めになっている。(米国は若干安め)1HKDは約10円。

さて問題は、香港の携帯電話会社。午前中、ほとんどの業者がプランどころか、いつ発売するのかという情報が全く入らず。中には、クリスマス後や来年という話まで、出てくる始末。前回書いた通り、香港の携帯電話会社の間で特に現在問題となっているのは、3Gのデーター通信の「無制限」をどうするかという問題だ。 →「香港、iPhone4S予約開始、45分で「はい、おしまい。」」の続きを読む