私が主力PCをWindowsからMacに変えた理由(その2)

Pocket

前回の続きだ。

こうしてMacを導入したわけだが、導入後、ジョブスがCEOから降りることとなり、ちょっと大丈夫かなと不安になる。(そういえば、本日の日本時間のAM2時から、いよいよ新CEOティム・クックによって新しいiPhoneの発表会がある予定。)しかも、今やアップルは米国No.1の企業になった。つまり上り詰めてしまった。

始めてMacを使った感想。iPadがすごいと思っている人が案外いるけれども、実は、アップルのPCを使っていないからそう思うだけであって、実は、 iMacやらMac Bookがあったら、それ以上にもっといろいろできるわけだ。そういうアップル商品を使ってその「凄さ」の部分って、それは単に、ジョブスの「かっこいい」、「おしゃれ」な事を追求する、ある種の個人的な「わがまま」からきているのかなと思った。
iMacのデザインなんかも、確かに拡張性やらなんやらの問題はあるものの、あのモニターになんでもかんでもついていて、大画面でしかもあの薄さ(昔のiMacと大違い)、しかのPC独特の音がほとんどしない、驚くべき静音設計は、おしゃれでかっこいい。

しかも、あの起動時間の短さ。Windows7も負けていないというけれども、それはイカサマで、スイッチをつけてから表面的に起動するまでは、メモリを積めば確かに早いけれども、起動した後もカタカタ動いている。つまり、完全に起動しているわけではない。スリープさせてから起動させるのも、何かもたもたする。しかし、マックの場合は、スリープから立ち上げた場合などは、まるで、電化製品のスイッチをつけた時と同じ感覚なのだ。すべて終了させた後、再び立ち 上げても、その起動の速さは、なんのストレスも感じない。スイッチひとつつけて待つのにイライラすることはたぶん「カッコ悪い」ことだ。確か、VISTA が出る前、マイクロソフトは新しいOSは「スイッチをつけてからの起動時間が異常にはやいPC」とか言ってなかったっけ?それが、起動どころか、スリープ から立ち上げるのにも、もたもたするとは。

Windows95の登場以降、「マルチメディア」という言葉が盛んに使われるようになり、その後、それを強調するかのように進化するかなと思ったら、その後のMEやXP でその進化が少し遅くなり始めた。それはしょうがないことなのだが、そしてその後VISTAで逆に退化した。7は、ただVISTAが使えるように修正されただけのようなかんじがする。

結局、Windowsに騙されたというか、PCとはこんなものですよと無理矢理慣れさせられたような気がする。それは、以前、XPの登場・普及と同じ頃、日本のどこかの大企業たちが、音楽、CDに関して同じような事をした。「著作権を守るためにはしょうがないですよ。」と言わんばかりにしたように。その後、音楽を聴く興味も薄れたけれども、それをよみが えさせてくれたのは、iPodTouchからの商品とアップルの戦略だった。同じように今、現在マックを使ってたら、本当は「WindowsXPの次のOSはこうなるはずだった。」という考えが出始めた。

私が主力PCをWindowsからMacに変えた理由(その3)へ続く

ビックカメラ.com
日本の場合、マックまでビックカメラ.comで買えるなんて・・・。香港なんて・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です