「WWDC 2013」タグアーカイブ

新しいのに懐かしい

「iCloudで新しく便利になりそうな事」の続き。
iPhoneなどのiOS7について。

今回のWWDC2013で、iOS7も発表となった。そしてデザインを全く新しくしたという。
その新しいデザインを見た時、すごく懐かしい気がした。全く新しいはずなのに?
何故?

まだ日本でiPhoneが発売されていない頃、iPod Touch(初代)を購入した。
そして、直ぐに、Jailbreakをした。何故か?
当時はできないことが多かったからだ。まだ発売されていないiPhoneのように使え、さらに便利になる。
また、それによって、壁紙はライブ壁紙にできたし、アイコンなどのデザインも「当時の」Macっぽくした。また、わざわざ設定に行かなくとも、明るさやWi-Fiの切り替え等ができる。

たぶん、将来、こういう風にiOSも変化するのだろうかと思ったが、現実は違った。
逆にライバル社が、そういうのを取り入れた。

メモリの件もあるだろうが、だんだん何か、元々のアイデアから離れていっていく気もした。確かに、今では、ほぼJailbreakする意味などないが、それでも、何か足りない。
何かを忘れて進んでいっている気がした。

今回のデザイン、これこそが「Appleらしい」デザインだ。だから懐かしいわけだ。今までが逆にそれほど、Appleらしくなかったわけだ。

ジョブズ氏は生前、事ある毎に、フォントのこだわりについて力説したいた。
「たかがフォント、されどフォント」だ。そのフォントの美しさまでこだわった。
もちろんデザインは言うまでもない。

Appleの素晴らしさは、マイクロソフトのように「理系的」な発想に縛られていないことだった。
音楽でもそうだ。「音」に操られるのではなく、「音」を操るのだ。
「音」に縛られては良い音楽は生まれない。

使う人が満足する商品が大切であり、作る方だけが満足してはいけない。
これを、どこかの国の開発者は、忘れてしまったような気がする。
→「新しいのに懐かしい」の続きを読む

iCloudで新しく便利になりそうな事

「『Mavericks』は期待度が高い」の続きの話。

「WWCD2013」の基調講演の中で、iCloudに関し、いくつかある中で、特に大きな2つのポジティヴ・サプライズな新機能の発表があった。

まず、1つ目は、「iWork for iCloud」だ。
たとえば、MacのiWorkのワープロソフト、「Pages」は、意外に使いやすく、利用している。
また、MSの「Office」と互換性もあり、価格もそれより安い。
しかも、iPhoneやiPadの専用のアプリも発売されていてiCloudにより、連携が取れる。
しかし、困ったことがひとつある。Windowsでは、このアプリは、登場していないということだ。

確かにiCloudで「doc」の拡張子で出力できる。しかし、Pages自体の拡張子は「pages」だ。このファイルは、Windowsではその書類を読むことすらできない。
(但し、これは裏技なのだが、「pages」の拡張子を単に「zip」に変えるだけで、ファイルを展開することができる。その中の「QuickLook」のファイルの中に「Preview,pdf」があり、実はそれが、この書類の中身のPDFファイルなのだ。なので、Windowsでも、本当は、一応、そのファイルの中身を読むことはできる。)

そのため、「pages」拡張子だと、Windowsでは編集などできない。
これは非常に不便だ。せっかくのiCloudも「Pages」などに関し、Windowsでは、その能力を発揮できない。
どこでも編集できて、それがどこでも反映させるところが良い点なのだ。
いちいち「doc」で出力し、それを編集してiCloudに上げ、また「pages」に戻し・・・

だから、「どこでも」文章を書きたい、または、反映させたい場合は、個人的には、Googleドキュメント(現在は、「Google Drive」に併合されたが)を主に利用していた。ただ、iPhoneやiPadなら、やはりiOS版の「Pages」が快適だ。

今回のWWDCの基調講演によると、「iWork for iCloud」で、「Pages」などの「iWork」に関して、ブラウザで編集できるようになると言う。

→「iCloudで新しく便利になりそうな事」の続きを読む

「Mavericks」は期待度が高い

「『Mavericks』ですか」の続き

前回書いた、マルチディスプレイ強化にあたり、そのキーとなるのが、タブ機能やタグ付けができることだ。
ファイルを保存する際にタグを追加でき、また異なったタブを、それぞれの異なったディスプレイにウィンドウを開くことができる。

ただ、このあたりは、秋のOSX登場で、実際に使っていかないとわからない。
使ってみたら、「あらららら。何、この使い物にならない機能は?」と言うこともよくある話だ。(ただ、これに関しては期待度は大きいのだが)
だから、実は、今回のOSXのMap機能や新しいカレンダー、通知機能の強化などは、個人的には、全く期待していない。
現実に今のところ、それぞれの機能の完成度や使い勝手は、あまり良いとは思えないからだ。以前の、iOSのMapの前科もある。
ぜひ、新しいOSXは、その悪い予想を覆すものであって欲しい。

CPUの効率に関しては、「Timer Coalescing」という新技術で、最大で72%も改善するとのことだ。
また、メモリに関しても、「Compressed Memory」の技術により、実際には使用されていないメモリ部分を圧縮するなどして、メモリの効率を良くし、また仮想メモリの最適化から、アプリを開く速度やスリープ状態からの復帰も速くなるとのこと。
元々、AppleのOSXは、昔からメモリをよく食うという悪評が高かったが、これが事実なら、これだけでも、新しいOSXは登場したら、即、アップグレードの価値がある。

そして個人的に、1番喜んでいる新機能は、ついにMacに「iBooks」の登場だ。

→「「Mavericks」は期待度が高い」の続きを読む

「Mavericks」ですか

前回のつづき。
AppleのWWDCの基調講演で発表された新しいMacのOSX10.9から。

その新しいOSX10,9の名前は、とうとうネコ科のつける動物の名前がなくなり、「Mavericks」となったわけだ。
深読み過ぎるかもしれないが、この名前に、色々な意味があるような気がする。

この「Mavericks」とは、Appleの本拠地がある、カリフォルニアの、「ある」地名だ。
今回のWWDCの基調講演の特色に、どことなく「USA」のこだわりがある。
わざわざ開発中のMac Proについてまで説明したが、これも「Made In USA」だ。
最近、いろいろと叩かれていることに関して、「我々は米国の誇るべき会社だ」と言いたげなようだ。ただ、そのことは、Appleのブランド力を上げることに関し、プラスであっても、決してマイナスではない。

「Mavericks」の名前の話に戻るが、その地名とは、ビッグウェーブで有名な海岸だ。だから背景が「ビッグウェーブ」なのであろう。基本の壁紙も、そうみたいだ。
そして、その中で、「ネットサーフィン」をしたりするわけだ。

→「「Mavericks」ですか」の続きを読む