Googleが検索しにくくなった

最近ふと気付いたのであるが、Googleを使い、いくつかのワード検索をすると、以前よりもやたらとフィットしないサイトの検索候補ばかり出てくる。他の検索用語の組み合わせでもそうだ。

確かに、検索サイトの最初の方は、「紛らわしく」スポンサーのサイトが出てきたり、Goggleも含む、いわゆる「IT業者」のサービス等により、SEOなどを駆使して、あまり関係ないのに上位に出てくるサイトが多いということは、今までにもよくあったのではあるが、もうその領域を遥かに超えてしまっている。

そう言う時は、とりあえず、「完全一致」検索で試してみる。そのやり方は簡単だ。
→「Googleが検索しにくくなった」の続きを読む

タダほど怖いものはない?

あるPCのソフトを探していたのであるが、どうもその関係のソフトに関しては、Mac・Windows、有料・無料合わせて調べてみても、ロクなソフトがなかった。それはそれで良いのであるが、調べるために、いろいろと他のサイトさんの情報などを見ていると、結構危っかしい無料ソフト等を簡単に薦めていらっしゃられたりして、「大丈夫なの?」と思ってしまった。

結構、それなりに名が知れたサイトさんやら、雑誌関係の大手サイトさんでもそうだったりする。確かに使用する方の自己責任なのではあるが、「ちゃんと調べたの?わかるでしょ?」と疑問を持ってしまうものもある。昔も、結構雑誌でも、危なさそうなソフトが紹介されていたりしたものだが、それなりに、その対策も解説されていたし、ちゃんと、そのリスクも警告されていたりした。まあ、雑誌の付録のCDがウイルス入りということもたまにあったりしたが。

当方で紹介したアプリや、または結構しつこく紹介している海外のソフト等に関しては、ちゃんとそれなりに自分でも購入して使用したものだったり、また、その海外の開発会社や販売会社を調べるだけではなく、直にメールをやり取りしたこともある。とにかくここでこだわっているのは、消費者の立場からして、本当に欲しいものか、またはこれがベストな価格なのかなのだ。自分でも納得できないものなんか、紹介できない。
また、海外開発のもので、必ずしも、日本語版なら英語版より良いというわけではなく、わけのわからない日本語で逆に意味がわからなかったり(Android関係でよく見当たる)、日本語化の分、コストがかかって割高の価格にもかかわらず、日本語化したためにバグがあるものがあったりもする(アンチウイルス系とか)。ちゃんと、そこも考えています。

で、話を最初の方に戻すが、無料のソフトで、なんで、これで無料なのというソフトがたまにある。昔は、そういう類のソフトは、それはボランティアだったり、開発途中なので、とりあえず無料だったりすることが、かなり多かったが、今は違う。 →「タダほど怖いものはない?」の続きを読む

香港でのPCの買い方(後編)

香港でのPCの買い方(前編)」の続き

いつもの香港の電脳街の深水埗(シャー・スイ・ポー)となるわけだが、ただ昔名をはせた、その中心商業ビルではない。以前説明したように、「有名な場所=不動産の家賃は高い」わけであるから、そこの上の階や、ちょっと外れにある、怪しそうなビルに逆にまともなPC屋があったりする。

まず、そういうところで購入する前に、ちゃんと、ある程度欲しい物や、近所、ネット等で、市場価格等を頭に入れておこう。生き馬の目を抜く香港だ。甘い考えだとすぐ、ぼったくられる。ガラクタを高値で売られたりする。中古ではなく、いまだにもうマイクロソフトすらサポートをしない、Windows XP、プリインストールという組み立て(られた)PCを売っていたりする。

あと、「最安値」ばかりを追ってはいけない。確かに、同じ製品で安いにこしたことはないが、ここは香港。以前書いたが、とんでもないものをつかまされたり、後々、面倒なことになったりする時もある。
そして当たり前だが、誰が儲けもあまりなく、きちんとしたサービスするかという問題もある。市場価格どころか、だいたいの仕入れ値まで頭に入っていたとしても、ある程度、その店に「許容範囲」内で儲けさせてあげることによって、逆にそれ以上のきちんとしたサービスをしてくれたりする。日本と同じように考えてはいけない。
→「香港でのPCの買い方(後編)」の続きを読む