iMacのBluetoothキーボードは直ったが・・・

以前、「iMacのBluetoothキーボードが壊れてしまった」で、iMacのBluetoothキーボードが壊れた話をしたが、あれから数日経って、再び電池を投入。使ってみると見事に直っている。ということは、やはり「水」が原因であった可能性が高いと思われるが、なんだか、元のiMacのキーボードに戻す気が失せてしまった。逆に昔使っていた、USB接続のWindowsキーボードの方がなんだかしっくりするのだ。

しかも、iMacのBluetoothキーボードは直ったとは言え、元々その前から、いろいろな問題が起こっていたし、それだけでなく、現在使っているものは、海外のキーボードで日本語キーボードではないから、文字変換でいまいち使いにくかった。日本語の途中で半角の英語に直すのに、F10のボタンだけではなく、「fn」のキーを同時に押さなければいけなかったし、テンキーもない。
そういう意味ではMac用のUSBキーボードが最高なのであろう。Wirlessではないが、家庭用なのでそこまで問題がない。それより、タイピングをする時になんだかんだ言ってもテンキーがあると楽だ。

確かにMacのキーボードは優れていると思う。必要不可欠な便利な機能から、そのキーの個数までよくよく考えられていると思うが、家庭でタイピング等で使う場合、キーがたくさんある大型キーボードでも、かまわない。 →「iMacのBluetoothキーボードは直ったが・・・」の続きを読む