せっかく作成した文章が全部消えてしまった(涙)

自宅PCに関して、現在、Macを主に使っているのであるが、その際、ワープロソフトとしては、Mac版のOfficeのWordとともに、Pagesも使っている。
MacのWordは2008の英語版で、使いやすさから言うと、はっきり言ってイマイチだ。英語とかになると、Pagesの方が使いやすかったりする。

しかし残念ながら、Pagesは新しいMac購入者に対しタダで配布されるようになったせいなのかどうかわからないが、iCloudで便利になったことを除くと、だんだん使いにくく、問題点も多くなってきている気がする。
そしてこの前、ひとつとんでもない事がおこった。何時間もかけて書いていた文章が全部消えてしまったのだ。

iCloudは本当に便利だ。そしてPagesはWordの文章を読み込むこともできるし、Wordの「doc」の拡張子で出力することもできる。なので、下書きに関しては、Pagesで作成し、仕上げにWordを使うことが多い。
文章などを書いて相手に送付したりする場合、どうしても、その相手がWordを使っている場合がほとんどで、Macを使っている人でも、Pagesをさほど使っていない人が多い。日本人なら特にそのようだ。未だに縦書などができないのも問題点なのであろう。確かにPagesで「doc」出力はできるものの、どうしても、その際に、スタイルが崩れたり、トラブルが起こる場合が多い。なので、仕上げはどうしても、Wordを使わざる得ないのだ。

そして悲劇は、最初からPagesで作成するのではなく、もともとの土台のものが、以前作ったWordの文章だったので、それをPagesで開いたことからおこった。

そこから文章を書いていき、数時間かけて下書きが完成した。PagesのiCoudが便利な点は、いちいち保存しなくても、文章を自動保存してくれることだ。そして書き終えた文章をそのまま閉じようとしたら、保存するかどうかをきいてきた。

→「せっかく作成した文章が全部消えてしまった(涙)」の続きを読む