「OPlayerの使い方」タグアーカイブ

一応、期間限定無料なので

かなり昔、iPhoneで、拡張子WMVなど、あらゆる形式の動画をみることができる、アプリ「Oplayer」を紹介した
その後、このアプリの「類似アプリ」が、いくつか出たが、今でもこのアプリが総合的にみて最強だと思われる。

そしてまた「類似アプリ」が出た。名前は「XPlayer。個人的には、何かそのもの「ズバリ」の名前のアプリは、あまり期待できない。

ただ、現在、期間限定で、お試しということか、「無料」だ。

さっそくダウンロードして使ってみたが、はっきりいって、今のところ、ただ、「動画再生」のために作られたアプリというかんじだ。しかし、ひょっとしたら、「OPlayer 」より一部の形式の動画で再生に関して優れているかもしれない。
→「一応、期間限定無料なので」の続きを読む

GoodReaderとOPlayerとの連携

ちょっと更新が途絶えたのは、実は使っていたルーター調子が悪くなったので買い替えるはめになったのだが、その入れ替えに際して、またしてもAirMac Expressの設定で気が狂いそうになっていた。
どうもあの設定のトラブルの多さには正直、気が狂いそうになる。
(やたらAirMac Expressが認識されないので、最初は故障したと思ったが、どうも、更新して設定が簡単になったファームウエアに逆にバグがあるっぽい)

ただ誤解がないように言うと、 もし、基本のルーターが、AirMac Expressベースステーションなどで、このAirMac Express、PCもMacなら、これほど簡単に設定できて、便利なものはない。ただ、これに、一般のルーターやWindowsのPCやらが絡んでくるから、無理な設定、相性で大変なことになる。

そういう話は今度にして、最近のルーターの転送速度の早さは、やっぱり凄い。今回購入したルーターは、中国のブランドのもので、日本で数千円程度の安いものであるが、高機能で、これにUSBポートまでも付いていて、そこに外付けのハードディスクを付けることができる。

これをWindowsのPCやらMacなどに共有化させると、驚くほど便利だ。
転送速度が速いので、ストレスがまるでない。
しかも、あのGoodReaderを使えばiPhoneやiPadでも利用できる。

→「GoodReaderとOPlayerとの連携」の続きを読む

どのiPadアプリをまず買うか・・・

最近手に入れたばかりのiPad miniの調子がすこぶる悪い。いくつかは、ようやく報告され始めている問題なのだが、どうも、それだけではなく、Wifiにしても、時になぜか恐ろしいほど遅く(同じ条件で、MacやiPhoneは正常)、他に見られない、突然、再起動したり、液晶が突然暗くなったりする、わけのわからない多種多様な問題などもおこっている。何度も「復元」しても改善しない。どうやら、自分のやつの問題は、iOSの問題だけではなさそうだ。

その検証、最終的な結果などは、今度書くことにして、とりあえず、「初めてのiPad」なので、今回は、それに入れるアプリをどうするかの話を先に書く。

現在、基本的には、iPhoneのアプリをiPadで、そのまま使えることが多い。
このことは、大変ありがたく、Androidのタブレットではなく、iPadを選んだ理由のひとつだ。
現在調べてみると、自分の購入アプリ数は、無料・有料アプリ合わせて、ゆうに500本を超えている。

しかしながら、画面の比率が、iPhoneに関して、今回のiPhone5から、16:9に変わったわけで、将来、それに合わせてアプリが進化し、iPadが4:3の画面比率のままだったら、互換性がなくなる日も近いかもしれないけれども。(その件については、そのうち書きます)

一番問題がないアプリは、最初からiPhone又はiPod Touch及びiPadアプリでも使えるように作られたアプリで、それは、iPhoneの時のように、iPadでも問題なく作動する。

問題は、基本的に、iPhone、iPod Touch(のみ) 専用のアプリというやつだ。
確かにこれらは、iPadでも使えないことはないのだが、その場合、iPhoneの大きさのまま表示させるか、単にそのまま2倍の大きさにして表示させるかということになる。 →「どのiPadアプリをまず買うか・・・」の続きを読む

アプリ「OPlayer」は凄い

以前は、iPhoneやiPod touchでMP4以外の形式の動画、例えばWindowsでは大変一般的なaviやwmv形式のファイルを見る場合や、ホームページでasf形式などのストーリミング再生の動画を見たりするには、自宅のPCをサーバー扱いにしてiPhoneなどに送る方法、例えば、「ORB Live」などのアプリを利用するしかなかった。何故ならば、例えばWMV形式で提供しているサービスまたは保存しているファイルに関しては、当然ながらiPhone側で対応していないので、一度、WMVをMP4に変換して、iPhone側に送信してあげなくてはいけないからだ。それだと、いつもサーバー扱いにしている自宅のPCをつけっぱなしの状態にしなくてはならない。しかも「ORB Live」はバージョンアップする度に、逆にあまり使い物にならなくなってきている。

もしWindowsを自宅で使っているのなら、動画の保存したファイルはどうしても、WMVやAVIの物が多いだろう。それをiPhoneでみるには、その方法を使わないのなら、今までは、いちいち「動画変換君」などのソフトでMP4形式にファイルを変換してあげなければいけなかった。

一番良い方法は、iPhone側で、どんな拡張子の動画でも見れるアプリがあれば良いのだが、残念ながら問題はそのようなアプリの話だけではなくiPhone側のその処理能力で、どうしても、特にフル画面ならコマ落ちしたりする場合が多かった。

しかし、iPhone4より処理能力が上がり、iPhone4Sの登場である。もう、ここまで来ると小さなPCだ。ということで、まず無料版の広告付きの「OPlayer Lite」を試しに入れてみる・・・・・。すげえ、フル画面でコマ落ちしない!!すぐに「OPlayer」(今なら250円)を購入してみる。

OPlayer  App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: ¥250

では、ストーリミング再生で提供されているホームページの動画は?これもちゃんと文句なく動いている。これで、「動画」に関しては何の問題もなくなった。「OPlayer」が凄いのか、iPhone4Sが凄いのか・・・・。

かなりの人が使い方がわからないみたいなので一番簡単な方法。ストーリミング再生のホームページは「URLを開く」でそこに、配信されている動画のアドレスを打ってあげれば良い。
また、自分が保存している、WMVやAVI形式の動画の転送方法で一番早い方法は、PCとiPhoneを同期でつなぎ、iTunesのAppの「Appを同期」の下に「ファイルの共有」があり、そこのAppから「OPleyer」を選び、「OPlayerの書類」の下の「追加」ボタンを押して、iPhoneで再生したいファイルを選んで転送させてあげればよい。結構重いファイルでもあっと言う間に転送できる。

とりあえず、無料版の方をダウンロードしてから、実際に一度試した方がよい。

OPlayer Lite – free  App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

しかしながら、iPhoneは、いろんな意味で実用的になったものだ。

(追記)最近のアップデートで、「ムフフ」のファイルなどに、パスワードロックをかけられるようになりました。