「Mavericks」タグアーカイブ

メモリ開放アプリを使う機会が増えた

現在使っているiMacのメモリは8GBなのであるが、あんまりいろいろ開きっぱなしで使うと、メモリ不足でよくみられるMacの「挙動不審」状況に陥るケースが結構増えてきた。今回のOSX Yosemiteから出てきた問題ではなく、前回のOSX Mavericksからすでにその傾向が出てきていた。8GBでもこうなのであるから、4GBしかメモリを入れていないケースなら、もう結構苦しくなっているのであろう。次回のOSXあたりで、そろそろ16GBにした方が良いのであろうか?

ということで、そういうメモリ不足状況に陥ったら、一度、メモリを開放してあげなければいけない。もちろん再起動することが最善なのかもしれないが、一回、一回再起動するのも大変なので、メモリを開放してあげるアプリを使えばよい。

しかしながら、このメモリを開放するアプリは無料、有料問わず、たくさんあり、過去、いろいろなアプリを試してはみたが、なかなか満足なアプリがない。
アプリを起動し、開放のために作動したかと思ったら、まるでフリーズしたように、やたら完了までに時間がかかるもの、メモリ解放後、逆に動作が重くなるもの・・・とにかくゴミのようなアプリがやたらと多い。特にMacBook Airを使っているような人はそうであろうが、「Swap File」生成によってハードディスク容量圧迫というような、メモリ開放アプリは余り使いたくない。ということで、結局、「Memory Diag」 あたりを結構使用している。
→「メモリ開放アプリを使う機会が増えた」の続きを読む

端末からアップデートするべきだった

先日書いた通り、本日香港は「香港特別行政区設立記念日」で祝日だ。
そして、そういう時って、インターネットの接続会社にもよるが、休みでネットが混雑することや、諸々の複雑な事情で、ただでさえ遅いインターネットのスピードが激遅になったりする。
そういう時に限って、iPhoneやiPadなどのiOS7.1.2が登場しやがった。変更点を読んでも、個人的には「iBeacon」とか関係ないし、「バーコードスキャナ」も過去2,3回使用しただけでほとんど利用したことないし(その時、問題なく使えたし)、メール添付の保護クラスは重要だけど、まあ、Jailbreakなんかしていないから、とりあえずやっておくかということでマイナーバージョンアップを行う。

最初はMacのiTunesでダウンロードしてアップデートしようかと思ったのであるが、げげっ、ダウンロードに3時間くらいかかる。そして実行すると・・・2時間後・・・ダウンロード失敗!なんじゃこりゃ。で、やり直し。今度は・・・何!あと8時間かかるだと!ふざけんな!
よりによってこんな日にバージョンアップするなんて。とほほほほと思ったが、それでも、たかだか20数Mバイトのはずだ。どうもおかしい。よくよく考えてみたら、最近Appleとしては、端末(iPhoneやiPad)からのアップデートを推奨していることを思い出した。
ということで、まずは、iPhoneで直接アップデート。いつもの通り、「設定」→「一般」→「ソフトウエア・アップデート」でアップデートだ。

→「端末からアップデートするべきだった」の続きを読む

予想通りMavericksのアップデートが来たが・・

先日、ご存知の通り、iOSのアップデート7.0.6が登場したが、そこで気になっていたことは、そのアップデートの理由が、「SSL接続時の検証に関する問題の修正」ということで、具体的には何のことかわからないところであった。
そしてもし、それが「脆弱性」なら、間違いなく、IOSだけでなく、OSXもそうのはずで、何故、OSX、Mavericks はそのためのアップデートをしてこないと思っていたら、今回、OS X Maverick v10.9.2の登場となったわけだ。

その今回のOSXのアップデートの中身を見てみると、以下のように、やたらFaceTimeの機能追加ばかりが書いてあり、SSLについてな何も書いていない。おかしい。

→「予想通りMavericksのアップデートが来たが・・」の続きを読む

あれ?直っているぞ?

MacのOS X Mavericksのアップデート、「10.9.1」がリリースされた。

主に「Mail」の修正などで、それが1番大きくクローズアップされていたが、それはどうでも良い。元々、e-mailについては、「Sparrow」から「Airmail」に乗り換えたところで、「Mail」は使っていなかった。

「iLife」および「iWork」アプリが英語以外のシステムでアップデートされない問題に関しては、「10.9.1」アップデート後、さっそくアップデートできた。その前までは、iPhotoなどで、「新しいバージョンにアップデートしますか?」と出でも、先に進めることができなかった。

日本語キーボードの問題も、まあ、そこまで気にはならないと言っても、イライラすることもあったので助かる。あまり意識はしていなかったが、これもバグだったわけだ。

とまあ、こんなものなのだが、いつもの事ながら、一般に公表されている修正点だけでなく、まだ他にも細かなバグを修正してきているはずだ。

個人的に以前、1番気になっていた問題があった。それは、自分だけかどうかわからないが、OS X Mavericksになってから、やたら、起動が遅くなったのであるが、どうもMacの起動時に、「EFI」が一度必ずマウントされて、アンマウントされる。これが、起動をさらに遅くさせている原因となっているようだった。
で、今回、アップデートして・・・あれ?直っている?
この問題がどうやら解決したようだ。 →「あれ?直っているぞ?」の続きを読む