「Mac」タグアーカイブ

何が”trusted sender”だ!

この前、「だんだん巧妙になってきた」で書いた、Appleのなりすましメールの英語版が、またまた来やがった。手口及び内容は、以前より完成度が高くなっている。

ご丁寧に”This message is from a trusted sender(このメッセージは信頼できる発信者からです)”とまで書いてやがる。
こういうメッセージを書いている方が、より一層一信用できないのが普通。

この前も書いたが、このメールが、信用できないものではないかという、一番の見分け方のポイントがある。それは、単純だ。 →「何が”trusted sender”だ!」の続きを読む

だんだん巧妙になってきた

先日、久々、Appleを装った、なりすましメールがくる。
通常は、一発で偽メールと簡単に見分けることができるが、敵もさることながら、なかなか手口が巧妙になってきている。

日本語できたのであるが、さすがGoogle翻訳か何か使ったのか、若干日本語がおかしい。ただ、そこまで酷くはなく、このくらいの日本語のおかしさは、グローバル企業ではよくあるくらいのもので、逆におかしく思わないかもしれない。

タイトルは、「あなたのアカウントで何かが間違って、あなたのアカウントが安全であることを確認してください。」という、何がなんだかわからないタイトルだ。

そしてこの手の詐欺というか犯罪でよくあるメッセージ、「24時間にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。」の一行。これにより、考える時間や調べる時間を与えず、罠にはめようとする魂胆がミエミエ。 →「だんだん巧妙になってきた」の続きを読む

Macがスリープから復帰るたびにマウスが使えなくなる

最近、Macの方で、Buffaloの無線マウスが、Macがスリープから復帰るたびに認識しなくなり、毎回、毎回、再起動か、USBポートから、一度専用のレシーバーをUSBポートから外して付けなおさないと使えなくなる事態になる。

この場合、どうすれば対処できるのか?ということで、いろいろと調べてみるが、一向に分からない。Buffaloのホームページなんかには載っていないし、また、同じような悩みの書き込みが、いろいろなところで見かけたものの、結局、解決した方法の書き込みもなかった、

トラブルが起こった場合の解決法は、とにかく問題があったものに関係するものを「リセット」すれば解決することが多い。では何をリセットするかが問題だ。

ということで、この場合、一番適した方法は、NVRAM(PRAM)のリセットではないかと考える。 →「Macがスリープから復帰るたびにマウスが使えなくなる」の続きを読む

Macのブラウザまで「ホストを解決しています」

最近、Macの調子がいろいろとおかしい。プロバイダを変えて、そこからいろいろあったのが原因かどうかは、わからないのだが、以前、WindowsのPCでおこったような現象で、なかなかGoogle Chromeなどで、Webサイトが読み込めないという現象が発生した。
「ホストを解決しています」というメッセージが出たり、「安全な接続を確立しています」という文字が出て、なかなか接続できない。最終的には接続できるのだが、特に起動時などで、正常に接続できるようになるまで、やたらと時間がかかるのだ。

そういった解決方法に関して、以前、「ホストを解決しています・・・」で、その対処法を書いたが、あの時は Windowsのブラウザだった。では、Macの場合はどうするのか?
→「Macのブラウザまで「ホストを解決しています」」の続きを読む