Ulyssesを買ってみたが・・(続き)

前回の続きだ。

使って行くうちに、このUlysses、いろいろと便利だなと思いはじめる。
文章を書いていくうちに、右下のDocument Infoの部分に、現在、何文字であるか、また、現在何行書いたとかが表示されるので、そこを見れば、それらの情報が、一目でわかる。

また書いている途中の文章とはまた別にメモをしときたい時、その上の部分にあるNoteに書き込んでおける。それは、書いている文章を出力したい時に出力しても反映されない。

文章の出力は、「Project」→「Export」から選んでもいいし、右側の上の部分に小さく「Export」と書いてある場所があるので、そこをクリックすればよい。

→「Ulyssesを買ってみたが・・(続き)」の続きを読む

Ulyssesを買ってみたが・・

MacのAPP Storeでは、時々魅力的なバーゲンをやっていることがある。
以前、「ForkLift」というアプリを紹介した。
あれは、大変魅力的なバーゲンであった。実際このアプリは現在も、かなり重宝している。

このように、MacのAPP Storeでも宣伝代わりに、超短期間だけ、激安で売ることがあるのだが、要らないアプリは要らないアプリだ。たとえ85円でも、ゴミクズは買いたくない。

問題は、海外のアプリがそういうバーゲンをすることが多いのだが、そういうものは日本でも今まで、ほとんど紹介がなかったり、説明を読んでも、なんのこっちゃわからないアプリも多い。

しかも、中華系の中には、あきらかに、ほとんど値打ちがないようなもので、もともと、最低価格を払うのももったいないアプリなのにも関わらず、『今だけ!」と詐欺まがいの商法でクズアプリを売ることがある。

ただ、欧米系に関しては良心的なものが多い。(もちろん、その中にはとんでもないものもあるが) →「Ulyssesを買ってみたが・・」の続きを読む

とりあえずiPhoneの地図をなんとかする

ついに、Appleのクック氏は、今回の「iOS6」の自前の地図のひどさを謝った。
以前書いた通り、実際、自分でもとんでもない目にあった。
ただ、前回書いた通り、よくよく考えたら、iPhoneの一番最初の出だしの「Google Maps」もこんなものだった(もう少しマシかな)し、まあ、遠くない将来には、もっと、この自前の地図だけで使える地図になることであろう。
(ただ、Siriの進歩のあまりに遅いスピードを考えると、若干不安が残るが)

問題は、「一人前」になるまで、消費者としては、この地図をどうカバーするかだ。
何せ、いつ「一人前」になるかわからない。
他のアプリを推奨と言ったって、本来は、Google Mapsのアプリがあれば良いのだが、どうも、とりあえず出そうにない。 →「とりあえずiPhoneの地図をなんとかする」の続きを読む