「Macアプリ」タグアーカイブ

アプリ内購入は本当にトラブる

元々のAppleの基本方針では、Apple Storeのアプリ内購入に関して否定的であった。しかしその方針をその後転換し、アプリ内購入が始まり、今では、アプリ内購入というパターンが、かなり増えている。
これによって、ネットゲーム会社は、たまに倫理的な問題が出るという時もあるが、まあ、一儲けというか、運営しやすくなったし、そういう類でなくとも、例えば、あるソフトでとりあえず試しに使えるかどうかという場合に、最初は機能限定とは言っても無料であると、とりあえず試してみることができ、良さそうだと、全機能をアプリ内購入をすればよい。また、無料の場合は、うざい広告付き、その広告を外したかったら、お金を払ってくださいとか、まあ、アプリ開発者達としては、今では、良きビジネスモデルとして、このアプリ内課金は、必要不可欠なものとなっている。

ただ、このアプリ内購入、消費者という立場から自分自身実際に購入して、過去何度もトラブルになったことがある。以前書いたが、Apple自身が提供しているサービスでも、トラブルが発生したこともある。 →「アプリ内購入は本当にトラブる」の続きを読む

振りがなが めちゃくちゃ

Macのワープロソフト、Pages。今では、新しいMacのユーザーに関して、無料で提供されているが、昔のMacのユーザーは有料だ。つまり使用するには、お金を払わないといけない。

しかし、「限定」無料化してからだろうか、全く進歩が見られないというか、ますます使いにくく、悪くなっていく印象がある。とにかく、すべてにおいて、逆に使いにくくなったり、バグが目立ち始めているのに、改良される気配がない。

英語で使用するのならまだ良い。それでも悪くなったという批評が目立つが、個人的には、それでも、マイクロソフトのWordより、使いやすい事もある。ただ、日本語に関しては、Pagesのお粗末さには閉口してしまうことがある。
よく「縦書きができない」と、不満を口にする人が多いが、あることで、ふりがなの機能を使ったのだが、これが未だにめちゃくちゃ。 →「振りがなが めちゃくちゃ」の続きを読む

タダほど怖いものはない?

あるPCのソフトを探していたのであるが、どうもその関係のソフトに関しては、Mac・Windows、有料・無料合わせて調べてみても、ロクなソフトがなかった。それはそれで良いのであるが、調べるために、いろいろと他のサイトさんの情報などを見ていると、結構危っかしい無料ソフト等を簡単に薦めていらっしゃられたりして、「大丈夫なの?」と思ってしまった。

結構、それなりに名が知れたサイトさんやら、雑誌関係の大手サイトさんでもそうだったりする。確かに使用する方の自己責任なのではあるが、「ちゃんと調べたの?わかるでしょ?」と疑問を持ってしまうものもある。昔も、結構雑誌でも、危なさそうなソフトが紹介されていたりしたものだが、それなりに、その対策も解説されていたし、ちゃんと、そのリスクも警告されていたりした。まあ、雑誌の付録のCDがウイルス入りということもたまにあったりしたが。

当方で紹介したアプリや、または結構しつこく紹介している海外のソフト等に関しては、ちゃんとそれなりに自分でも購入して使用したものだったり、また、その海外の開発会社や販売会社を調べるだけではなく、直にメールをやり取りしたこともある。とにかくここでこだわっているのは、消費者の立場からして、本当に欲しいものか、またはこれがベストな価格なのかなのだ。自分でも納得できないものなんか、紹介できない。
また、海外開発のもので、必ずしも、日本語版なら英語版より良いというわけではなく、わけのわからない日本語で逆に意味がわからなかったり(Android関係でよく見当たる)、日本語化の分、コストがかかって割高の価格にもかかわらず、日本語化したためにバグがあるものがあったりもする(アンチウイルス系とか)。ちゃんと、そこも考えています。

で、話を最初の方に戻すが、無料のソフトで、なんで、これで無料なのというソフトがたまにある。昔は、そういう類のソフトは、それはボランティアだったり、開発途中なので、とりあえず無料だったりすることが、かなり多かったが、今は違う。 →「タダほど怖いものはない?」の続きを読む

釣った魚に餌を与えない

昨年、あのAppleからのクリスマス・新年のプレゼント、「12 DAYS プレゼント」とその専用アプリの配布が突然なくなり、多くの期待していた人々を絶望の底に陥れたが、今年も,まあ当たり前だろうがないようだ、というより誰も、その話題すらしていないようだ。

だいたいそれどころか、例えば米国のブラックフライデーですら、Apple関係で、以前と比べると、今年は、「お得な」アプリのバーゲン等が極端に減ったようだ。Appleやその周辺の人々から言わせれば、もうそういうことをする時代は終わったというわけで、それよりわけのわからないイメージ戦略の方が「効率が良い」というわけなのであろう。 →「釣った魚に餌を与えない」の続きを読む