「iPhone4S」タグアーカイブ

初代iPad miniが使い物にならなくなってきた・・・

Appleの商法で昔から大きく気に入らない点がひとつある。それは、iPhoneやiPadなどで、発売前も、そして発売後も、正式に内部メモリ(RAM)について一切発表しない点だ。

iPad miniは、Apple自体のある意味の方向転換から、マイナーな立ち位置に追い込まれてしまっているが、その最初の登場の際、持ち運びに手軽な(初代)iPad miniiを手に入れようと奔走し、ようやく購入したが、購入後、一時してから、メモリが今時、512MBしかなかったことがわかった時には大変ショックであった。何故なら、この商品の本当に使える「寿命」が、そこからわかるからだ。最初から知っていたら、たぶん購入したかどうかはわからない。

iOSはすでに64bit化している。案の定、iOS8から動作が鈍くなってきた。そして今回のiOS9。ここまで来ると、バグなのか、メモリが512MBしかないiPad miniの限界かわからないくらい、やたらとフリーズしたり、アプリが途中終了したりする。
これはiPhone4Sでもそうであろうと考えられる。iPhone4Sの場合は、たぶん、動作の問題の悲惨さに関して、電話機能があるわけだから、iPad miniの比ではないだろうと考えられる。つまり、一応、新しいiOS9は、(初代)iPad miniもiPhone4Sもサポートしているが、Apple側から言えば、お前ら、もう使いにくいだろうから、早く買い換えろということなのであろう。 →「初代iPad miniが使い物にならなくなってきた・・・」の続きを読む

結局iPhone5s

古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行する」という話でちょっとだけ書いたが、結局,AndroidではなくiPhoneでしかも、1世代前の、iPhone5sのプランで香港の某携帯電話会社と契約することとなった。

ではなんで、iPhoneにするにしても、iPhone6またはiPhone6+にしなかったか?

それには、たくさんの理由がある。さんざん考えた結果だ。
もともと、今回、iPhone4sのバッテリーがおかしくならなかったら、いくら携帯電話会社のプランの契約が切れても、とりあえず、短期間の安い契約に切り替えて、そのまま、iPhone4sを使い続けるつもりだった。iPhone4Sは、なかなかよくできた携帯電話であった。しかも、使っていたiPhone4Sは、香港なのでSIMロックフリーだ。

そして、iPhoneの世代交代には、ある特徴がある。
→「結局iPhone5s」の続きを読む

iPhone4Sを売りに行く(後編)

前編の続き。
ということで、香港の携帯電話市場で有名な「先達廣場」に行く。
その時は、例の「アイアンマン事件」で「水客」が減ったのか、「先達廣場」の外で「新品」を買い取る業社の数もそれほど多くなく、勢いもさほどまでない。実際に「先達廣場」の中で売られている「新品」のiPhone6や6+の価格ですら、さほどまで高くない。しかし逆に言えば、iPhone4Sですら、香港での買取価格が下げっているわけだ。
現実に、ある「業社」は、ちゃんと黒板に、「これこれの価格で買い取りますよ、うちが一番高く買い取りますよ」と書いているのであるのであるが、実際にそこに聞くと、「これは数週間前の価格で、今は、この値段で買い取らない、HKDXXXだ。」という。その時の週週間前と言えば、「何故か」携帯電話会社ですらiPhoneの在庫がなかった最後あたりの頃で、ただ、現在の買取価格でも、携帯電話会社が買い取る値段より遥かに高く、周辺の業社の中ですら高い価格だ。
→「iPhone4Sを売りに行く(後編)」の続きを読む

iPhone4Sを売りに行く(前編)

以前、「需要と供給」というタイトルで書いた通り、ようやく香港でiPhoneが再び手に入りやすくなってきた。とは言っても、決してお安いわけではなく、金もないのにバカ高いiPhone6及びiPhone6+の契約などできるわけがないので,携帯電話会社との契約はとりあえず終了したからとは言っても、いっそAndroidに乗り換えるか、とにかく安い契約で、まだしばらくはiPhone4Sを使い続けようかと思っていた。

しかし、最近どうもiPhone4Sのバッテリーの減り方がおかしい。異常に減りが速いのだ。
確かにiOS8をiPhone4Sで使う事自体に無理があるかもしれない。だからこそ、そういうこともあってか、実際,データ的にも、新しいiOS、iOS8のシェアがあまり伸びていないそうだが(App Store Distributionによると1月19日現在でいまだに68%だそうだ)、しかしながら、この減り方は、どうやらiOS8だけの要因でもなさそうなのだ、
というのは、一晩寝て、何も使わず、スリープモードにしても、朝起きると、バッテリーが50%くらいになり、日中持ち歩くと、半日でバッテリーが空になる。リセット等しても結果は同じ。マズイ。どうやら、バッテリーの寿命自体がそろそろのようだ。バッテリーを交換することを考えるなら、とにかく売れる今の時点で、iPhone4Sを売った方が良い。
→「iPhone4Sを売りに行く(前編)」の続きを読む