だんだん巧妙になってきた

先日、久々、Appleを装った、なりすましメールがくる。
通常は、一発で偽メールと簡単に見分けることができるが、敵もさることながら、なかなか手口が巧妙になってきている。

日本語できたのであるが、さすがGoogle翻訳か何か使ったのか、若干日本語がおかしい。ただ、そこまで酷くはなく、このくらいの日本語のおかしさは、グローバル企業ではよくあるくらいのもので、逆におかしく思わないかもしれない。

タイトルは、「あなたのアカウントで何かが間違って、あなたのアカウントが安全であることを確認してください。」という、何がなんだかわからないタイトルだ。

そしてこの手の詐欺というか犯罪でよくあるメッセージ、「24時間にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。」の一行。これにより、考える時間や調べる時間を与えず、罠にはめようとする魂胆がミエミエ。 →「だんだん巧妙になってきた」の続きを読む

iPhoneが充電できない (後編)

前編から、かなり時間が経ってしまったが、iPhoneが充電できない (後編)。

「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、この iPhone で正常に動作しない可能性があります」というお馴染みのメッセージが出てきたということは、やはりこの市販の市販のLightningケーブルが問題のようだ。
よくよく考えたらそのケーブル、中国のREMAXとかいうブランドで、一応、会社名もきちんと表記され、普通の香港の電気店でも売られている商品。購入した際、その箱に、iPhoneやiPad対応という文字が躍っていたと記憶している。確かにMFI認証ロゴらしきものもあったと思い購入したのだが、ひょっとしたら、実は認証なし? →「iPhoneが充電できない (後編)」の続きを読む

iPhoneが充電できない (前編)

iPhoneやiPadなどのLightningケーブルも、登場した当初は、香港で一般に売られているような、わけのわからない、安いケーブルならしょうがないが、iPhoneやiPadに最初から付属していたケーブルですら、「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、この iPhone で正常に動作しない可能性があります」とのメッセージが出まくることがあり、「じゃあ、どのケーブルを使えばいいんだ!」ということもあったが、最近では、ようやく、そのような「バグ」に近いようなことも起こらなくなり、ノンブランドの安いケーブルですら、いろいろと研究されてきたのか、きちんと、認識されるようになっいた。

しかしながら、いくら認識することができても、安いケーブルは安いなりに、やはり問題がある。買ってもすぐに使えなくなり、交換ということが多いのだ。ひどい時になると、買って数日で、Lightningケーブルの先っちょが、壊れてしまうこともあった。
ここにきてMFI認証ケーブルですら以前と比べると、かなり安い価格で売られるようになってきたのだが、それですら、香港で売られているような商品になるとやはり、「質」で当たりはずれがあったりする。

そういえば、もう10年くらい前の話になるが、その当時も香港に住んでいて、今はなき、シャープのザウルスを愛用していた際、それに接続するケーブルを香港でいろいろ探して購入したのであるが、すべてが全く使い物にならず、しょうがないので、日本に帰った際、専門店で購入した。
確かその時、そのケーブルが香港で売られている価格の3倍くらいしたと思ったが、ケーブルにしてはちょっと高い気がした。どうしてそんなに高いのかと、お店の人に聞いたら、お店の人が、「そりゃそうですよ。単なる線一つと思っているかもしれませんが、質が全然、違いますよ。あんな、香港で売られているものと一緒にされたら困りますよ。」と言われた。
実際、そのケーブルは全く問題ないどころか、それから、かなりの年月が経っても、平気で使える。それに対し、その当時、香港で買ったケーブルのほとんどが、当時使えたものでも、使えなくなり、ゴミになってしまった。
それまでは、たかがケーブル1本、大体どれでも皆、同じようなものだと思っていたのだが、そうではないことを、その時、実感した。実際、同じくらいの価格帯のケーブルの電流値などを調べても、ケーブルぶよって、かなり違いが出たりするらしい。

だからLightningケーブルなら一層、慎重に選ばないといけない。 →「iPhoneが充電できない (前編)」の続きを読む