何が”trusted sender”だ!

この前、「だんだん巧妙になってきた」で書いた、Appleのなりすましメールの英語版が、またまた来やがった。手口及び内容は、以前より完成度が高くなっている。

ご丁寧に”This message is from a trusted sender(このメッセージは信頼できる発信者からです)”とまで書いてやがる。
こういうメッセージを書いている方が、より一層一信用できないのが普通。

この前も書いたが、このメールが、信用できないものではないかという、一番の見分け方のポイントがある。それは、単純だ。 →「何が”trusted sender”だ!」の続きを読む

だんだん巧妙になってきた

先日、久々、Appleを装った、なりすましメールがくる。
通常は、一発で偽メールと簡単に見分けることができるが、敵もさることながら、なかなか手口が巧妙になってきている。

日本語できたのであるが、さすがGoogle翻訳か何か使ったのか、若干日本語がおかしい。ただ、そこまで酷くはなく、このくらいの日本語のおかしさは、グローバル企業ではよくあるくらいのもので、逆におかしく思わないかもしれない。

タイトルは、「あなたのアカウントで何かが間違って、あなたのアカウントが安全であることを確認してください。」という、何がなんだかわからないタイトルだ。

そしてこの手の詐欺というか犯罪でよくあるメッセージ、「24時間にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。」の一行。これにより、考える時間や調べる時間を与えず、罠にはめようとする魂胆がミエミエ。 →「だんだん巧妙になってきた」の続きを読む

iPhoneが充電できない (後編)

前編から、かなり時間が経ってしまったが、iPhoneが充電できない (後編)。

「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、この iPhone で正常に動作しない可能性があります」というお馴染みのメッセージが出てきたということは、やはりこの市販の市販のLightningケーブルが問題のようだ。
よくよく考えたらそのケーブル、中国のREMAXとかいうブランドで、一応、会社名もきちんと表記され、普通の香港の電気店でも売られている商品。購入した際、その箱に、iPhoneやiPad対応という文字が躍っていたと記憶している。確かにMFI認証ロゴらしきものもあったと思い購入したのだが、ひょっとしたら、実は認証なし? →「iPhoneが充電できない (後編)」の続きを読む