「iPhone」タグアーカイブ

iPhoneが充電できない (後編)

前編から、かなり時間が経ってしまったが、iPhoneが充電できない (後編)。

「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、この iPhone で正常に動作しない可能性があります」というお馴染みのメッセージが出てきたということは、やはりこの市販の市販のLightningケーブルが問題のようだ。
よくよく考えたらそのケーブル、中国のREMAXとかいうブランドで、一応、会社名もきちんと表記され、普通の香港の電気店でも売られている商品。購入した際、その箱に、iPhoneやiPad対応という文字が躍っていたと記憶している。確かにMFI認証ロゴらしきものもあったと思い購入したのだが、ひょっとしたら、実は認証なし? →「iPhoneが充電できない (後編)」の続きを読む

iPhoneが充電できない (前編)

iPhoneやiPadなどのLightningケーブルも、登場した当初は、香港で一般に売られているような、わけのわからない、安いケーブルならしょうがないが、iPhoneやiPadに最初から付属していたケーブルですら、「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、この iPhone で正常に動作しない可能性があります」とのメッセージが出まくることがあり、「じゃあ、どのケーブルを使えばいいんだ!」ということもあったが、最近では、ようやく、そのような「バグ」に近いようなことも起こらなくなり、ノンブランドの安いケーブルですら、いろいろと研究されてきたのか、きちんと、認識されるようになっいた。

しかしながら、いくら認識することができても、安いケーブルは安いなりに、やはり問題がある。買ってもすぐに使えなくなり、交換ということが多いのだ。ひどい時になると、買って数日で、Lightningケーブルの先っちょが、壊れてしまうこともあった。
ここにきてMFI認証ケーブルですら以前と比べると、かなり安い価格で売られるようになってきたのだが、それですら、香港で売られているような商品になるとやはり、「質」で当たりはずれがあったりする。

そういえば、もう10年くらい前の話になるが、その当時も香港に住んでいて、今はなき、シャープのザウルスを愛用していた際、それに接続するケーブルを香港でいろいろ探して購入したのであるが、すべてが全く使い物にならず、しょうがないので、日本に帰った際、専門店で購入した。
確かその時、そのケーブルが香港で売られている価格の3倍くらいしたと思ったが、ケーブルにしてはちょっと高い気がした。どうしてそんなに高いのかと、お店の人に聞いたら、お店の人が、「そりゃそうですよ。単なる線一つと思っているかもしれませんが、質が全然、違いますよ。あんな、香港で売られているものと一緒にされたら困りますよ。」と言われた。
実際、そのケーブルは全く問題ないどころか、それから、かなりの年月が経っても、平気で使える。それに対し、その当時、香港で買ったケーブルのほとんどが、当時使えたものでも、使えなくなり、ゴミになってしまった。
それまでは、たかがケーブル1本、大体どれでも皆、同じようなものだと思っていたのだが、そうではないことを、その時、実感した。実際、同じくらいの価格帯のケーブルの電流値などを調べても、ケーブルぶよって、かなり違いが出たりするらしい。

だからLightningケーブルなら一層、慎重に選ばないといけない。 →「iPhoneが充電できない (前編)」の続きを読む

ついに減収

ご存知の通り、先日、Appleの第2四半期の決算が発表となり、実にというか、ついに13年ぶりの減収となったわけだ。

そこでまあ、いろいろな、もっともな、しかしながら中では、「笑い」に近いような、会社からの「言い訳」や、ここぞとばかり、いろいろなメディアからの「理由付け」が報じられているわけだが、まあ、昔と違い、市場のコンセンサス自体、色々と、「思惑的」なところがあったりするわけだし、どちらかというと、今回は「当然」というような結果で、ここまで大きくなったAppleの舵取り自体、凄いことだし、今の体制ではなく、もし、一般の日本の経営者が舵取りをしていたら、このAppleでさえ、もっと危機的状況をとっくに迎えていただろうなと想像してしまう。

だいたい、iPhone一つとっても、iPhone6の時の伸びに比べ、6sは、低い、つまり鈍化傾向という発表も当たり前で、6の時は、単に、「中国」マジック等が発揮されただけだ。
→「ついに減収」の続きを読む

MacのSafariで日本語が文字化けするようになった

先日書いた通り、iOS9.3や、MacのOSX El Capitan 10.11.4が登場したのであるが、特に iOS9.3のバグと思われるもので、いろいろ致命的な症状に見舞われる人たちがが大勢出て、iOS9.3の配布が一時ストップしたり、新たに配布されたりしているものの、それでも、特にSafari中心でトラブルが起きている様子だ。なので、幸いまだ、iOS9.3にアップデートしていない人は、とりあえず見送るに越したことがない。
ちなみに昨日、「一般」から「ソフトウエアアップデート」を選んだら、すでに導入したはずのiOS9.3がアップデートとしてあったので(実は修正版)、それを入れてみた。

最近は、バグをつぶしたマイナーアップデートですら、逆にもっと面倒なバグが現れるケースも出て、一体Appleさんに何が起こっているのかと思ってしまう。しかも、気づいていないだけで、実は、まだまだ知らないバグが眠っているケースもあり、あまり使えない新機能より、まともに安定したOSを出してくれよと言いたくなる。

そういえば、Macの方だが、El Capitan 10.11.4を導入してから、ほんの数サイトの一部ではあるが、日本語のページでSafariを使うと、文字化けをしているページが見あたるようになった。今まではきちんと、日本語で表示されていたページなのにだ。しかも、iPhoneのSafariでも同じようなケースがあり、何だか、これもSafari自体のバグっぽいなと思うのだが、まあ、Google ChromeやFirefoxを使用すれば正常に表示されるので、とりあえず、どうでも良い。ただ、じゃあ、今回の場合、とりあえずMacで、文字化けしているページをSafriで、どうすればきちんと文字化けなしで、日本語表示できるか、いろいろ試してみた。 →「MacのSafariで日本語が文字化けするようになった」の続きを読む