ザウルスの進化系は・・・(後編)

ザウルスの進化系は・・・(前編)の続き。

以前からAppleは、やたらと商品の「薄さ」にこだわっていたりするのだが(現在もそうではあるが)、これは例えば、シャープの電卓からの、また、情報端末の歴代商品の歴史を見ればわかる通り、本来はそこまで重要な点でないのかもしれない。
薄さを求めても、実はユーザーから言えば、そのことのために、逆に不便なことが多かったりする。しかもそれだけではなく、現実に、以前、「薄い」iPhoneが「曲がった」という騒動まで起きてしまった。

大昔の「薄型電卓」の時さえも、消費者は、そんなに飛びついたとは思えず、その後のカード型電卓も、物珍しいくらいで、そこまで大きな意味をなさなかったかと思う。なぜならユーザーとして重要なことは、「使いやすさ」だからだ。「薄さ」はその「使いやすさ」の中の1要因でしかありえないからだ。

Appleの商品は、いつの間にか中途半端になり、売りたいために、八方美人の商品となりつつあるかと思う。いろいろな機能の位置ですら、今の方が逆に、個人的には、満足がいかない点がある。一昔前のの日本企業によくあったパターンだ。

確かに製品が高機能になり、メモリも増えてくるのと同時に、消費電力も増えるのは当たり前で、「軽さ」は追求しにくくなる。そこは問題だ。しかし、「300g以下」というのは意外に重要なポイントなのだ。 →「ザウルスの進化系は・・・(後編)」の続きを読む

ザウルスの進化系は・・・(前編)

最近、なかなかブログが更新できない事態に陥っている。

その更新できなかった間、OSX El Capitanのバージョンアップに伴うSAMBA関係の新しいバグ(仕様?)で右往左往したり(すでにファイル書き換えにより解決済み)、なんとか低予算で、iMacを劇速に、快適に動かすようにと、いろいろ試行錯誤やってみたり、そのくせ最終的には、何故か、新しいiMacではなく、iPad Air 2を買ってしまったのだが、その上、iPad mini 4までも買うハメになってしまったり、ついに長年使っていた、キャノンのプリンタがお亡くなりになられたため、「またまた出費が・・・」と嘆きながら、今度はエプソンのものを買ってみたら、そこまでお安くもないのに、驚くほど使い物にならない上、初期不良かなんだかわからない現象に見舞われた挙句、色々な人から「あれはダメだよ。寿命が短い。1年たったらすぐ壊れる」という話などを聞いて、死ぬほど後悔したりと、重要な裏技から、どうでも良いグチみたいなことまで、本来は、ここで書くべきネタは、山ほどある。

しかし、実生活で色々あって、残念ながら、あれこれ書くどころではなかったし、いまだにその状態ではない。ただ、上記のSAMBAとかの件で、思いあたる人がいて、(例えば、Oplayerとかで) 困っている人がいたら、言っていただければ、優先的に書きます。

まあとにかく、iPadの関しては、金もないのに、iPad air 2だけではなく、iPad miniまで買ってしまうハメになってしまったから、現在、結局、両方ともなんだかんだぶつぶる言いながらも、フルに活用している。

ただ本来は、この2つのアイテムに関し、大きさ以外の、値段も性能も差がそこまでない為(若干、iPad air 2の方が性能は上)、通常は、どっちか片一方を買うか、といった商品のはずなのである。 →「ザウルスの進化系は・・・(前編)」の続きを読む