さよなら、たくさんのアプリたち

iPhoneやiPadのOS、iOS10になって、「iOS9からiOS10にアップグレードしない理由が無い」と言い切る話まで見かけたが、そういう人たちって、昔からある意味、iPhoneなどを、いろいろなアプリとともに、十分に使いこなしてきていない人達なんだろうなと思ってしまう。

PCやゲーム機のソフトと同じで、iPad Touchから始まってのそれ用のアプリの存在というものは自分にとっては本当に大きく、今までゾーッとするような金額をアプリ購入のために費やしてきた。そして、その金額分、色々と便利に活用させていただいた。
また中には、本当にくだらないアプリもあったが、それもまたご愛嬌。仕事、趣味など、痒いところに手がとどくアプリが色々と登場した。

しかし、Appleは時たま、iOSを大幅にバージョンアップさせる。もちろん新機能を充実させたり、新しく出す機種の性能を有効に活用させるためにはしょうがない。しかし、問題は、新しくバージョンアップデート(グレード)されたiOSは問題が多いことがあり、「仕様」等、気にいらなくても、「基本的」には、以前のバージョンに戻すことはできない。

確かにiOS10は、9に比べると、OSとしては上出来と言えるのかもしれないが、過去のアプリに続々と問題がおこる。 →「さよなら、たくさんのアプリたち」の続きを読む

やっとアップデートがきたか・・・

(最後に追記 12/10)

本日、やっとMacのOS、「OSX El Capitan 10.11.2」とiPhoneやiPadなどのOS,「iOS9.2」が、それぞれリリースされた。
それぞれ、いろいろと改善点が書いてあるが、前回のマイナーアップデートの時の感想は、「え?これ直ってないの?」というネガティヴな驚きの連続で、このまま放りっぱなしにされるのかという点で、ちょっとした怒りを覚えてしまった。

特にMacに関して、個人的にはUSB関係の問題は致命的で、おかげで、バックアップのハードディスクは壊れるわ、USBマウスはスリープ解除の度、レシーバーを付け直す必要があったりで、最初は、システムが使っていくうちにぐちゃぐちゃになったのかな、ちゃんとメンテナンスをするべきだなと自己反省したが、クリーンインストールし、Boot Camp(Windows10)をした後、明らかにOSXのバグだと確信した。何故なら、Boot CampのWindows10の方は、ちゃんと問題なくそれらが動作しているからだ。 →「やっとアップデートがきたか・・・」の続きを読む

問題はメモリとiCloud

以前、「初代iPad-miniが使い物にならなくなってきた・・・」で書いたが、iOS8、iOS9とiOSが進化を続ける反面、ますます、初代iPad miniが使い物にならなくなってきている。
ある程度、動作が鈍くなるのは覚悟していた。しかし現在、一番問題なのは、Safariにおいて、たとえば、検索する時の文字の入力すらままならぬくらいの、動作の鈍さになってきたことだ。

ここ数日、風邪でダウンしているのだが、そういう時、本来は、iPad miniが力を発揮する。横になって、Webでいろいろとチェックとかができる。しかし、文字が打ち込むことすら、もっさりし過ぎて、変な時間がかかる。そういう時はよく、「Safariの履歴やキャッシュをクリアにしよう」という、よくあるパターンになるのであるが、それでも全く効果がない。つまり、明らかに、iOS9というOS環境では、メモリが足りないということなのだ。
→「問題はメモリとiCloud」の続きを読む