iMacをiPadでタッチパネル化 その3

「iMacをiPadでタッチパネル化 その2」の続き。

ということで、設定が無事完了し、実際に使うと、これが意外にも便利で驚いてしまう。iPadでピッチアウトによって画面がズームができるというのが、やはり良い。
ただ、最初は、どうしても、使いにくいと思ってしまうのであるが、一定の操作に慣れるとわかるが、意外と使い勝手が良く設計されている。

まず基本的なマウスの操作から。
もちろん、タッチパネルでOKなのだが、問題は、マウスにおけるクリックやスクロールなどだ。

基本的な左及び右クリックは :

左クリック:スクリーンをタップする。
右クリック:スクリーンを長押し(2秒ほど)する

右クリックで長押しなので、では、マウスで範囲指定などのドラッグをしたい場合は、どうすればよいかと言うと、下のようにちゃんとそのボタンがある。
→「iMacをiPadでタッチパネル化 その3」の続きを読む

iMacをiPadでタッチパネル化 その2

iMacをiPadでタッチパネル化 その1」の続き。

今回は、「Mocha VNC 」を利用して、どうやってVNCの設定をするかの具体的な方法について。

もし、外出先から、自分の家のMacにVNC接続をするなら、ルーターの設定でポートを開たりしなければならないが、めんどくさいことや、余りリスクが生じることはしたくない上に、別にその必要性もないので、やらないことにした。

ということで、あくまで家庭内使用ということで、それならば設定は簡単・・・・・のはずだが、最初、いろいろとつまずいてしまった。ただ、わかってしまえば、超簡単なのではあるが。

最初、どうしても接続できなかったので、途中「Mocha VNC」のMocha Softにメールで問い合わせとかしたのだが、なんと、メールした数十分後に返事が来た。なんというリスポンスの速さだと驚いてしまった。

「Mocha VNC」の設定は、OS毎に、ここに書いてあるが、Macの場合は、Windowsの場合と、ちょっと違う。最初はユーザー名とパスワードの設定がどうもわからず、いろいろやってみても接続できなかったのだ。

すべて解決したので、設定の仕方を以下に書いておく。

→「iMacをiPadでタッチパネル化 その2」の続きを読む

iMacをiPadでタッチパネル化 その1

病院で目の検査など受けていたら、また更新が遅くなってしまった。

最近、本当に目が悪くなって、とくに困ったことは、PC(iMac)で、SafariやChromeなどのブラウザーの文字が小さくて見えにくい場合は、単にそのブラウザーの「表示」で「拡大」などを選び、文字を大きくすれば、それですむ話なのであるが、問題は、アプリなどに関しては、それができないことが多いことだ。

たとえば、以前、「PlayOnMacを試してみる(その2-MT4編)」で紹介したPlayOnMacを使い、為替チャートで有名なMT4をインストールできるが、Macでそのチャートにある数字すら小さくて見えにくい。しかもiPad専用のMT4のアプリはあるものの、iPad miniだと文字がもっと小さくて見えない。

画面全体をピンチアウトで拡大出来れば良いのだが、Macは当たり前だが、タッチパネル方式ではないので、そういう芸当は、通常できない。また、iPadでも、そのMT4のアプリは、ピンチアウトで拡大することができない。意外に設定やピンチアウトなどでそのアプリに書いてある文字などを拡大できないアプリは多い。

必要にせまられているので、何か良い方法はないかと考えた。
ようするに、Macの画面をiPadで映しだして、操作できればいいわけだ。
つまり「VNC」を利用して、MacをiPadで遠隔操作しちゃえば良い。

よくよく考えたら、昔、「Mocha VNC 」をApp Storeで購入していた。それを利用してみよう。

→「iMacをiPadでタッチパネル化 その1」の続きを読む