iPadの場合はPuffinだな

以前、「iPhoneでもiPadでもFlashのページを見る方法はあるんだけれど・・(後編)」で書いたが、通常、iPhoneではFlashの動画などを見ることことができるので、それを実現できるブラウザーとして「Skyfire」や「Puffin」というブラウザーを紹介したことがある。

しかし、iPad miniを使ってわかったことは、iPad対応となると、「Puffin」の方しか、対応していない。(もちろん、小さい画面か、2倍画面にすることによって、「Skyfire」も、使用しようと思えば使用できるのであるが)
(追記:その後、SkyfireのiPad版も発売された。ただ、iPhpne版と別に購入しなければならない。)

ということで、iPadの方に関しては、「Puffin」の方を使っているただ、通常、メインはやはり、「Safari」だ。やはりなんだかんだ言っても、そっちの方が使いやすい。ただ、「Safari」などで、できないことができる。

それを、まざまざ実感したのは、「WordPress」に関してだ。 →「iPadの場合はPuffinだな」の続きを読む

iPhoneでもiPadでもFlashのページを見る方法はあるんだけれど・・(後編)

前回の続きで、そのブラウザーであるが、「Skyfire」や「Puffin」というブラウザーなどである。

誕生最初は、これらは米国などで発売されて、日本とかは発売されていなかった。なぜかというと、つまり、この2つのブラウザー、特に「Skyfire」は、「Skyfire」自身のサーバーで一度、エンコードをし、それを見る側に送るという方法をとっている。そのサーバーの負担の関係だった。そのため、使う方側のCPUに負担をかけず、重宝するブラウザーだ。また、「Puffin」は動画というより、Flashサイトに強く、「Skyfire」でも見れなかった企業等のFlashサイトを見ることができたりする。

→「iPhoneでもiPadでもFlashのページを見る方法はあるんだけれど・・(後編)」の続きを読む

iPhoneでもiPadでもFlashのページを見る方法はあるんだけれど・・(前篇)

ご存知の通り、iPhoneやiPadでFlashで作られたページを通常は見ることができない。Appleの方で公式にサポートしていないからだ。

あれほど密接だったAdobeとAppleのFlashをめぐる話が発端となった仲違いは、ユーザーの立場から言えば、いい加減にしてくれと思っていたが、(特にOSX Lionが登場した時の、Adobeサイドのなんだかんだ理由をつけての、やる気のなさには、驚愕した)確かにFlashを使ったホームページは携帯など、なるべく処理や消費電力などを抑えたいものに関して、実は無駄という感が歪めないが、Flashを使ったページは、見栄えがいいことや、ホームページ制作会社から言うと、クライアントの企業とか高く、ふんだくることができることもあるのか、いまだにFlash多用のホームページが多い。(まあ、通常、企業の宣伝ホームページなんか、あまり見ないが)

ホームページでFlashが見れる機器でも見れない機器でも、どちらでも対応できるようにホームページができているのならばいいのだが、Googleの一部のサービスや企業ページなどは、Flashが見れる環境でないと、開きもしないという、まるで、特にAppleユーザーに対しての嫌がらせのようなサイトまで見あたる。

しかしiPhone4SやiPadなど性能が劣るからFlashを使ったサイトが見れないわけではない。

→「iPhoneでもiPadでもFlashのページを見る方法はあるんだけれど・・(前篇)」の続きを読む