「Boot Camp」タグアーカイブ

いまさらBoot Camp(その2)

いまさらBoot Camp(その1)」の続き。

Boot Campを始める前に、先ず用意をしなければいけないものがある。8GB程度のUSBフラッシュメモリなどだ。何故これがいるか?後でWindows7用のドライバなどの、「Windowsのサポートソフトウエア」をインストールするためだ。それともうひとつは、当たり前だが、Windowsのインストールディスクだ。

一応、Boot Campは簡単だ。Macの「Boot Camp アシスタント」アプリの順序にそってやっていけば良い。もし、もうWindowsが必要ないということになり、Windows領域を削除したい場合、再び、「Boot Camp アシスタント」アプリを起動し、それに従えば。簡単にその領域を削除して、以前のMacのみの状態に戻せる。

ここでは、そのやり方はあえて詳しく書かない。というのは、トラブルがなければ、順序にそってやればちゃんとできるし、そのような「当たり前」の解説をしているページは死ぬほどある。しかし問題は、簡単にできるはずなのに、何故か途中でできなくなり、エラーが発生し、「ドツボ」にはまってしまう、トラブルだ。
まずは、「Windowsのサポートソフトウエア」のよくあるトラブル。
→「いまさらBoot Camp(その2)」の続きを読む

いまさらBoot Camp(その1)

Macを最近、ますます以前のように有意義に使うことができにくくなってきた。「基本的作業」をストレスなく行うことができれば、どうでも良いのであるが、それが逆に進化とともにできにくくなってきている。だから、OSX Yosemiteをあきらめて、一番安定していたであろう、過去の最後の有料バージョンである、OSX mountain Lionに逆にダウングレードしている人達も出てきている。

そういう中、Windows10の出来次第では、再びWindowsを見直す機会になるかもしれないし、Windows7なら、安定しているわけだから、とりあえずWindows7を入れておき、評判をみて、1年は無料アップグレードができるWindows10に乗り換えるのも手だと考えるようになった。

現在、昔に自作したPCの方にはWindows7を導入してある。なので、MacでわざわざBoot Campなどするつもりはなかったのではあるが、もし、Windows7のPCをWindows10にアップグレードしたら、その新しいWindows10で何かトラブルがおこったらまずい。しかも、そういう時、もう一台Windows7がないと、トラブルがあっても、これが本当にWindows10独自の問題かの判断がつきかねない時もあるし、比較することによって、やっぱりWindows7の方がいいやとか10の方がいいやとかがわかるので、そのためにも、もう一台、Windows7を入れているPCがあれば便利だ。
→「いまさらBoot Camp(その1)」の続きを読む

iMacのBluetoothキーボードは直ったが・・・

以前、「iMacのBluetoothキーボードが壊れてしまった」で、iMacのBluetoothキーボードが壊れた話をしたが、あれから数日経って、再び電池を投入。使ってみると見事に直っている。ということは、やはり「水」が原因であった可能性が高いと思われるが、なんだか、元のiMacのキーボードに戻す気が失せてしまった。逆に昔使っていた、USB接続のWindowsキーボードの方がなんだかしっくりするのだ。

しかも、iMacのBluetoothキーボードは直ったとは言え、元々その前から、いろいろな問題が起こっていたし、それだけでなく、現在使っているものは、海外のキーボードで日本語キーボードではないから、文字変換でいまいち使いにくかった。日本語の途中で半角の英語に直すのに、F10のボタンだけではなく、「fn」のキーを同時に押さなければいけなかったし、テンキーもない。
そういう意味ではMac用のUSBキーボードが最高なのであろう。Wirlessではないが、家庭用なのでそこまで問題がない。それより、タイピングをする時になんだかんだ言ってもテンキーがあると楽だ。

確かにMacのキーボードは優れていると思う。必要不可欠な便利な機能から、そのキーの個数までよくよく考えられていると思うが、家庭でタイピング等で使う場合、キーがたくさんある大型キーボードでも、かまわない。 →「iMacのBluetoothキーボードは直ったが・・・」の続きを読む