Time to say goodbye

7月1日より鳴り物入りで開始したApple Music。残念ながらこのサービスのおかげで、自分の音楽ライブラリーはぐちゃぐちゃになり、Time Machineでバックアップしていたと思ったら、実はトラブルで復活せず、大変な被害を被った挙句、ここでは書かないが、他にももう利用したくないというトラブルに見まわれ、それでも、何かビックサプライズがあるかもしれないと思い、とりあえず、試用期間まで放っておこうと思ったら、もう、そろそろそ3ヶ月間の試用期間(7月1日に開始したら10月1日まで)が終了する。iCloudですら信用できないのに、この内容で毎月お金など支払えない。それよりそのお金で好きなアーティストの楽曲を個別で買った方がマシだ。しかも、サービスがないアーティストが多すぎる。

中にはもちろん、このサービスを気にいっている人も大勢いるだろうが、自分としては、一生かかっても、もうすべてを聴きかえすことができないくらいのCD等を保持しているので、残念ながらこのサービスは不向きだ。Apple自体のこのコンセプトはもはやはっきりせず、ブレている。

じゃあ、このサービス自体に不満を持つ人は、これを機会に継続しないかと思うので、サービスは終わる前に、MacなどのiTunesに関して、きちんと、以下のことをやっておこう。 →「Time to say goodbye」の続きを読む

吐き気がする・・・

最近のAppleに対するマスコミ関係やステマらしき発言での持ち上げ方に吐き気がする。まあ、それが「金」になるのだから仕方がないのであろうが、この気持ち悪さは以前経験している。そうだ、あの一部で、「世界の」S社を駄目にしたと言われている、英語べらべらのあのお方が、CEOをされていた頃のS社を日本のマスコミが一斉に持ち上げていた頃の気持ち悪さだ。

別にAppleがダメ会社と言っているわけではない。気がついたら、裸の王様になるパターンが見えてきたということだ。もちろん、すぐダメにはならないであろう。失礼にあたるかも知れないが、個人的には、S社のあの時のお方よりは今のAppleのCEOは、遥かに優れていると思うし、現状を分析していると思う。ただ、もうApple製品はだんだん使いたくなくなってきた。

Apple製品を使い始めたのは、日本でiPhoneが登場する前。iPod Touchが最初に登場した頃だ。あの頃、まだ日本で未発売であったiPhoneの成功を確信していた一人であったが、他の人からはさんざん馬鹿にされた。S社が本気を出したら、こんなもの屁でもないと揶揄された。 →「吐き気がする・・・」の続きを読む

めちゃくちゃ

最近、現在使っているApple製品のトラブル続きで困り果てている。

昨日もキーボードに続き(まあ、これに関しては自分のせいである可能性が高い)、iTunesの支払い絡みで大きなトラブルが起こった。
Apple側の対応次第ではここで公表するとしても、とりあえず今のところは書かないが、ただひとつ言えることは、まるで詐欺のような、今までのAppleだったら考えられない本当に驚くようなトラブルだ。しかも個別のアプリ販売などのサービスと違って、そのクレームについて具体的に書くフォームもない。サービスの多様化にシステムがちゃんとついていっているのか不安になった。
そして、個人的には、たとえめんどうでも、iTunesに関しては、クレジットカードでの支払いはすべきでないと改めて考える。Apple Payなどもってのほかだ。
おかげで、昨日せっかく阿信屋で、生活に密着した商品が多い公価の1日限定3割引きに行きそびれた。米やパンを買うチャンスだったのに・・・個人的にはものすごい経済損失だ。

どうもここ最近、Apple Music絡みで問題が続出しているが、最近のAppleを見ていると、以前から書いている通り、「株主」や「某大国」の顔色ばかり伺って、一般消費者の本当の気持ちで考えていない気までして来た(その大国がこけたら、さて、どうなるでしょうか?)。せっかくのアプリを含めたいろいろな製品に関する「愛情」や「思い入れ」が薄れてきているような気がする。それが見事にApple Musicの現在につながった気がする。
しかも、Apple Musicの登場時、すぐに株価対策のような某アナリスト発言、「Appleの売上の1%に過ぎない」が出たのであるが、このApple Musicの今現在のマイナスインパクト(その前にU2の事件があったが)は、将来のエンターテーメント業界との契約等、これからの対処の仕方によっては、かなり大きなものになるかもしれない。 →「めちゃくちゃ」の続きを読む