「Apple Event」タグアーカイブ

盛りだくさん

ご存知の通り、日本時間、9月10日、午前2時よりApple Eventが開催され、予想通りのiPhone6s及び6s+の発表を中心におこなわれたが、ほとんど、事前に予想(発表?漏れ??)されていた内容のようなものであった。

それだけではなく、新しい12.9インチの大型iPadmiPad Proや新型Apple TVなど、とにかく「盛りだくさん」の内容でおこなわれたが、問題はその「盛りだくさん」の件だ。 →「盛りだくさん」の続きを読む

カモ

香港でMacのthunderbolt関連のものを探しているのであるが、Apple Storeに行っても、なかなか見当たらない。
湾仔(ワンチャイ)や深水埗(シャー・スイ・ポー)のPC関係の店にはさすがにいくつ置いてあったりするのであるが、それらに共通したある特徴がある。
それらの商品に関してだけ、値札がない所が多いのだ。
同じく、Mac関連と謳っていて値札があるのは、たとえば、Windowsでも使える、USB3.0対応のようなもの。
やはり、Macを使うやつらは、店側からしてみれば、良い、「カモ」なのだ。 →「カモ」の続きを読む

漏れてたの?フライング?正式?

一応、話としては、前回の続き。

数週間前の話である。香港のある路上である男女の会話。
女性「もうiPhone6の(予約)販売が開始されているらしわよ。友人が、XX(大手電器販売チェーン店名)で都合つくということで、普通のサイズと大きなサイズとどっちがいいか、聞かれたって。もう買えるのかしら?」
男性「知らないけど聞いてみたら?」

それはいつもなら、中国でよく販売されていたiPhoneもどきの偽物の電話の話だったりする。しかし、実はこれだけではなく、それらしき話を別に聞いていた。
とにかく新しいiPhoneに関しては、みんな買って損はないという計算だ。自分で使わなくとも、買っていつものように旺角(モンコック)の某所で転売すれば数千香港ドルの儲けとなる皮算用だからだ。
ビジネスチャンスが昔に比べてなくなり、一般の商売のレベルが落ちた香港。某新聞で昨年、学生がそういう転売を行っていることに対して、逆に新たなビジネスだと褒め称えたのには仰天してしまった。そういえば、最近また、ジャンクコール(宣伝の迷惑電話)が増えてみんな困っている。一部が儲かるへんな規制はすぐにするくせに、こういう一般の人達が困っているものに関しての規制は及び腰だ。まあ、それが経済最優先の本当の姿でしょうがないのかもしれない。

通常Apple側は、9月9日のAppleのイベントまでそういうものに関しては秘密を守り、明らかにしないはずである。なのでこれって単なる噂話なんだろうなと思っていた。
そうしたら、Appleイベントの5日ほど前に流れたニュース。中国の某電話会社が、新しいiPhoneの予約注文の受付を開始し、同日中に4.7インチ型、5.5インチ型で注文を獲得したとの話。え?どういうこと?

→「漏れてたの?フライング?正式?」の続きを読む

iPhone6の発表となったが・・・

ご存知の通り、9月9日(火)、日本時間の9月10日午前2時に、恒例のAppleのスペシャルイベントが開催された。そしてそこでお待ちかねiPhone6とiPhone6+そしてApple Watchが発表されたわけだ。

しかしながら今回のAppleの公式生中継であるが、とにかくApple Event始まって以来の悲惨なもので、サーバートラブルと思われる現象でとにかく中継が途中で止まる止まる。しかも将来的に同時通訳の公式生中継を視野に入れているのか、何故かその「練習」と思われる中国語(マンダリン)の音声も入ったりして、それがまたうざくて本来の話が聞こえづらかったり、ついには途中で「ACCESS DENIED」の文字が踊り、何度もリロードしまくる自体となった。
通常ならこれで大切な部分が見れなかったと怒りまくるのだが、今回はその怒りもない。製品は素晴らしいが全くのノーサプライズ。興味もない。

かなり昔に書いたが、もともとたとえば、iPhone3GからiPhone3GSというふうに、同じバージョンでSとかつくようなチェンジの場合、同じバージョンなので、姿、形は同じようでも、機能が次の世代に変わるための前の準備か、目新しい革新的なテクノロジーを付加してくる。3GSならコンパスやら5sなら指紋認証やらと・・・
そして新しいバージョンの場合、その前のSがつくものと実は機能はあまり変わらないのだが、今度はその姿というか、表面的なハードが大きく変わるわけだ。
ということで、今回は事前に「漏れていた」通り、見事にサイズを変えてきたわけだ。これまたかなり昔に、画面を大きくしなければいけない裏事情をさんざん書いたが、Appleはあれほど、それができない理由を、独自に使いやすい考えられた大きさとと言い張り、以前の大きさにこだわり、前回は細長にしただけであったが、今回は恐るべき詭弁による手のひら返し。まさにその通りにやったわけだ。

→「iPhone6の発表となったが・・・」の続きを読む