「Android」タグアーカイブ

ゴミアプリは即削除

昨日もちょっと触れたが、香港にはたくさんの「ゴミアプリ」がある。
と、言いつつも、中にはもちろん素晴らしいアプリもあることはある。
その数少ない「優良」アプリの一つは、以前ここでも紹介したジャンクコールをシャットアウトする香港では有名な無料アプリ、「小熊來電通知」というAndroidのアプリなのであるが、そのアプリが突然、「ゴミアプリ」に変貌した。

突然の、機能縮小、その上になんと、月費をとる有料アプリとなってしまったのだ。一体何が起こったのであろうか?
実は、このアプリ、今年の2月に買収されていた。その時、結構大勢の人が、将来、こうなるのではないかと危惧していた。

→「ゴミアプリは即削除」の続きを読む

並行輸入品には気をつけて(後編)

並行輸入品には気をつけて(前編)」で書いた通り、このままS社の携帯電話機を使い続ける事は危険であるとともに、肝心な時に電話をしようとしても、突然画面がブラックアウトしたりするので、これは、もう使いものにならない。

S社自体の問題も疑ったが、友人のものは、まだ自分のものより正常に動くのを確認済みなので(しかし最近ではその携帯のトラブルがかなり増えているそうであるが)、ひょっとすると、その購入店に問題があるのか、はたまたその購入店の仕入先に問題がある可能性がある。
その購入した店側の話では、中国とかの仕入先ではないと主張し(だいたいMade in Chinaだが)、確かに箱を見ると、元々の販売は、何故かスウェーデンとなっているのであるが、逆にそれに対して違和感を覚えてしまう。何故、スウェーデンなのだ? →「並行輸入品には気をつけて(後編)」の続きを読む

並行輸入品には気をつけて(前編)

S社のあるAndroid携帯電話機のお話。そのS社の製品がとんでもないという話ではない。どちらかというと、さすがにここにきて、なかなか良いAndroid携帯電話を出してくる。これは日本未発売の格安Android携帯電話。

日本でSIMロックの電話機が一般的な頃、特に香港で販売されているSIMフリーのスマホが熱い注目を浴びた。香港ではいろいろなスマホが販売されているが、それらがすべて、香港でも「一般販売」されているわけではない。海外からの並行輸入販売というのも、結構あって、その場合、当たり前だが、香港で買っても、保証期間内の故障ということで、香港のそのメーカーに持って行っても修理ができないこともある。

スマホで最近、問題となっているのは、「バックドア」だ。しかも、それが犯罪に利用されていたらたまったものではない。悪い「アプリ」が問題をおこしているのならば、まだ対処法がある。むたみやたらと、不審なアプリをインストールしなければ良い。しかしながら購入した本体自体に仕掛けられたら、これはどうしようもない。

実は、そのS社のあるAndroid携帯電話機を買ってひどい目にあったという話だ。
→「並行輸入品には気をつけて(前編)」の続きを読む

またもや迷惑電話がしつこい

最近、またもやしつこい迷惑電話がかかってくるようになった。香港で何かの申請をやったとたんかかってくることが多いので、日本でも問題になったが、たぶん、誰かが人の個人情報を売っているのであろう。迷惑電話の法律的規制はしない香港といえども、個人情報に関して、一時公的とも言える企業が堂々と売って問題になり、そのあたりの法律が改正されて、一時的には迷惑電話が激減したはずだったが、本当に懲りない人達だ。それに通常携帯電話などに加入しているサービスの有料アップグレードしろなどのセールス電話が加わり、イタ電もたまにかかることがあるので、それらのネガティブ効果は想像以上だ。

Androidには「小熊來電通知」という無料アプリが存在し、香港では大活躍するのであるが、iPhoneには米国中心のAppleのポリシーから存在しない。以前は「だれ電 Pro」というアプリがiTunes Storeにあったのであるが、そのAppleポリシーの関係から今は残念ながらない。
→「またもや迷惑電話がしつこい」の続きを読む