+852??

昔、香港の迷惑電話の対抗策としてここで紹介した香港の主流の携帯アプリも、日本のSNSの主流となっているいろんな意味で有名な韓国の親会社の台湾子会社から買収されてから、一気に有料化された挙句、色々な問題が噴出したので、今は使っていない(この親会社や子会社などを使って運営または買収されている会社を見ると、ここの本来の目的がよくわかる。)。またそれに代わるアプリも結局、毎日のアップデートが厄介な上、新しい迷惑電話の登場になかなか追いつけなくて、さほど役に立たないから、現在は全く使っていない。

それでも以前に比べると、ようやく迷惑電話は減ってきたので、なくとも困ることはさほどなくなった。しかしそれでも未だにしつこくかかってくる迷惑電話がある。それはセールスの迷惑電話ではなく、詐欺及び詐欺まがいの電話だ。 →「+852??」の続きを読む

ゴミアプリは即削除

昨日もちょっと触れたが、香港にはたくさんの「ゴミアプリ」がある。
と、言いつつも、中にはもちろん素晴らしいアプリもあることはある。
その数少ない「優良」アプリの一つは、以前ここでも紹介したジャンクコールをシャットアウトする香港では有名な無料アプリ、「小熊來電通知」というAndroidのアプリなのであるが、そのアプリが突然、「ゴミアプリ」に変貌した。

突然の、機能縮小、その上になんと、月費をとる有料アプリとなってしまったのだ。一体何が起こったのであろうか?
実は、このアプリ、今年の2月に買収されていた。その時、結構大勢の人が、将来、こうなるのではないかと危惧していた。

→「ゴミアプリは即削除」の続きを読む

並行輸入品には気をつけて(後編)

並行輸入品には気をつけて(前編)」で書いた通り、このままS社の携帯電話機を使い続ける事は危険であるとともに、肝心な時に電話をしようとしても、突然画面がブラックアウトしたりするので、これは、もう使いものにならない。

S社自体の問題も疑ったが、友人のものは、まだ自分のものより正常に動くのを確認済みなので(しかし最近ではその携帯のトラブルがかなり増えているそうであるが)、ひょっとすると、その購入店に問題があるのか、はたまたその購入店の仕入先に問題がある可能性がある。
その購入した店側の話では、中国とかの仕入先ではないと主張し(だいたいMade in Chinaだが)、確かに箱を見ると、元々の販売は、何故かスウェーデンとなっているのであるが、逆にそれに対して違和感を覚えてしまう。何故、スウェーデンなのだ? →「並行輸入品には気をつけて(後編)」の続きを読む