ショックを受けた80年代の香港 その3(万華鏡)

ひさびさ、自分が経験した80年代香港のお話。

80年代といえば、洋楽ではミュージックPVの全盛期。以前書いた通り、私自身、60年代、70年代の洋楽が好きだと公言したが、80年代の洋楽も好きで、この頃の数々のミュージックPVにもハマっていた。しかも元10CCだったゴドレイ&クレームのコンビが、ハイセンスでクオリティの高い数々のミュージックPVを制作していたりした。

その頃香港は、まだ英国の統治下だったわけで、そのせいもあり、主に英国系の洋楽ビデオを大量に売っている店が結構あった。日本では、その類のビデオがその当時では1本1万円くらいはしたものだったが、なんと日本円に直すと、たった数千円で売っていて、しかも、日本では見たことのない貴重な洋楽ビデオまであったので、自分にとってはそこはまさにパラダイス。暇さえあれば、それらの店に入り浸って、洋楽のビデオを漁っていた。 →「ショックを受けた80年代の香港 その3(万華鏡)」の続きを読む

TIME

「Time」のタイトルで思い出す曲が2曲ある。1曲は、ピンクフロイドの名盤中の名盤、「狂気(The Dark Side of the Moon)」の中の1曲と、アランパーソンズプロジェクトのアルバム「運命の切り札」の中のシングルカットされてヒットした曲の2曲だ。2曲とも名曲中の名曲。そしてそれらの曲のメロディーとともにそれらの歌詞が胸に深く突き刺さる。 →「TIME」の続きを読む