「スティーブ・ジョブズ」タグアーカイブ

Appleが10年ぶりの減益だそうで

ご存知の通り、Appleが第二四半期の決算(1−3月)を発表したが、売上は前年同月期で11%増えたものの、純利益は18%減で、これは、10年ぶりの減益だそうだ。

逆に、今まで10年間、増益を続けていたこと自体が脅威だ。しかしながら、事前のアナリスト予想より良かったことや株主還元拡大を発表したことから、逆に株価は若干上昇し、最近割った400ドル台に回復と、いうことになった。

地域別の売上を見ていくと、やはりアジア地域の伸び率が高い、というか、ここ最近、ちゃんとアジア地域を精力的に伸ばす努力をしている結果であると思う。

以前から、書いているが、クック氏はAppleにおいて、本当に素晴らしい経営者だと思う。もし、クック氏でなかったら、なんだかんだ言っても、Appleが今の地位を保っているとは思わない。
Appleは以前に比べ、遥かに巨大となった。その巨大な会社を見事にコントロールしている。
前回の中国の批判に対する反応も見事だった。何が重要かも、よくわかっている。

ただ、当たり前の話ではあるが、「素晴らしい経営者=素晴らしいイノベーター」ではない。また、彼、一人の力で、Apple全体が、すべて、動いているわけではない。

以前の「ジョブズ・クック体制」は、Appleにとって本当にベストの体制であった。
何故なら、給料を年1ドルしかもらわない、クレイマーとも思われるような自分の趣味を押し付ける消費者・株主の代表のような、そしてイノベーターでもある、わがままなCEOの故ジョブズ氏の下で、実質の「経営トップ」ともいうべきクック氏が、その思いをうまい具合に取り入れて、「現実的」に、会社をきりもりしていたからだ。

すでに日本企業が忘れてしまった、顧客本位の本来の「日本的経営」の究極の姿のような体制であったかと思う。 →「Appleが10年ぶりの減益だそうで」の続きを読む

ぜひもう一度、見ておきたい動画

いよいよ明日、24日に故スティーブ・ジョブズの伝記が発売される。そして、その前に、いろいろ伝記の内容が漏れ伝えられている。一部の報道によると、「Android」に対する「盗まれた」憎しみをも触れているらしい。

「Android」といえば、10月19日香港でサムスンとGoogleがメディア向け発表会を行い、そこで、新OS Android4.0、コードネーム“アイスクリームサンドイッチ”(ケラリーノ・サンドロヴィッチみたいな名前だ)と、サムスンの「GALAXY Nexus」が発表された。

新しいOS及びそれを生かしたサムスンの新商品「GALAXY Nexus」を見てみると、確かに過去のAndroid機というより、それ以上、iPhone4Sを真似たではない意識したものというか、その次の5(?)をも意識た商品に見える。
iPhone4Sより明らかに凄いのは4.65インチの大型有機ELディスプレイに、なんと1280×720という高解像度。また1.2GHzデュアルコアOMAPプロセッサ、RAMはiPhone4Sの倍の1GB、カメラの性能はiPhone4Sに比べ、若干落ちるものの、同じく、シャッターを押して撮れるし、先ほどの高解像度のディスプレーをフルに活かせる凄さ。
ただ、日本の携帯みたいに、なんか凄いけど、いらないものがさり気なく付いている気が・・・・・。香港あたりでは、逆にiPhoneからの乗り換えを考えている人もいるそうだ。 →「ぜひもう一度、見ておきたい動画」の続きを読む

iPhone4Sは買いなのか?(その3)

SiriはSillyではない

2010年4月、この時、Appleが2つの会社の買収を行っている。ひとつは、「Intrinsity社」。この会社は前プロセッサー「A4」の設計に関わった会社だ。そしてもう1社、米国「DARPA」の出資のAI(人工知能)プロジェクト、「CALOプロジェクト」から派生したベンチャー企業、「Siri社」の買収だ。この「iPhone4S」は、実に昨年買収したこの2つの会社がその実力を発揮している。

この「Siri」は、音声認識ソフト。GoogleのiPhoneやAndroidのWebアプリでおなじみ。タイピングしなくとも、音声で検索してくれたりするやつだ。もちろん、「Siri」も同じようなものができるが、それだけだろうと思ったら大間違い。これにAI技術と言うべきものがくっつく。自然言語技術も入っているし、他のアプリにも入り込む。

つまり、文章を理解し、「このあたりで良いレストランはどこか」とか「今日の天気はどうなのか?傘はいるのか」というような音声での質問に対しても、まるで持ち主の秘書のように音声とともに、アシストすることができるのだ。両手を他の仕事で使えない時(例えば運転中やPC等の作業中の時など)に来たメッセージを読ませたり、その返事を音声で指示して送ることもできる。

単なる音声認識なら、たいしたコアチップの処理速度は要求されないが、この技術を応用していくことになると、当然、それなりの処理速度を要求されることになる。Apple Special EventのデモンストレーションでのiPhone4Sを使った操作が会場を賑わせていたが、そのスピードは意外と軽快でミスも見当たらない。実際、それ以外の機種だと、もうちょっともたつくことになるのではないかと思われる。

とりあえず、最初は英語、フランス語、ドイツ語のみ。日本語など、その他の言語や、その応用は、順次出てくる予定。将来どうなるかを考えただけでもわくわくする技術だ。当然、この手のタイプ、欧米人にはバカ受けするだろうと思われる。
このSF映画に出てくるようなこのソフトは、Appleのひとつの「夢」だった。

以前の「夢多かりし若き日々」の回の最初の方のYoutubeの動画は、1987年Appleの「Knowledge Navigator」からだ。これが現実の世界となってきた。

実はこれ、ジョブズを追い出した後のApple三代目CEOジョン・スカリーが描いたコンピューターの未来像だった。それを一度追い出して、その後返り咲いたスティブ・ジョブズによって完成に向かうとは、なんとも皮肉なことのように思えるが、コンピューターに関する将来の夢はもともと二人とも同じだったのかも知れない。そして過去の仲違いでおこした失敗の経験が、後のAppleに戻って来た後のジョブズの成功を導いたかもしれない。

さすが香港

ジョブズの死去により、香港でiPhone関係の市場価格が若干上昇したとのこと。特に古いiPhoneだそうで、つまり、iPhoneはジョブズの「作品」で死去により、その「作品」の価値が「コレクターアイテム」として人気が出るのではないかという思惑だからだそうだ。iPhone4Sの登場で市場価格の値段が下がっていた、iPhone4も値段を若干戻したそうで、理由は、ジョブズの「最後の作品」だからということだそうだ。

「はああ?」と思いつつ、まあ、確かに昔のマッキントッシュも、それなりの価値があるが・・・・。(そっちは本当に価値が上がるんだろうなあ)
まあ、(いろいろな意味で)さすが香港とでも言っておこう・・・・・・