+852??

昔、香港の迷惑電話の対抗策としてここで紹介した香港の主流の携帯アプリも、日本のSNSの主流となっているいろんな意味で有名な韓国の親会社の台湾子会社から買収されてから、一気に有料化された挙句、色々な問題が噴出したので、今は使っていない(この親会社や子会社などを使って運営または買収されている会社を見ると、ここの本来の目的がよくわかる。)。またそれに代わるアプリも結局、毎日のアップデートが厄介な上、新しい迷惑電話の登場になかなか追いつけなくて、さほど役に立たないから、現在は全く使っていない。

それでも以前に比べると、ようやく迷惑電話は減ってきたので、なくとも困ることはさほどなくなった。しかしそれでも未だにしつこくかかってくる迷惑電話がある。それはセールスの迷惑電話ではなく、詐欺及び詐欺まがいの電話だ。 →「+852??」の続きを読む

Macの海外版Adobe AcrobatのOCR機能のメモ

今回は、前回書こうと思った「Macの海外版Adobe AcrobatのOCR機能のメモ」。

よく聞く話で、Adobe Acrobatの一番のウリは、OCR機能というのだが、今までは別に使う機会がなかったので、せっかくMac版のAcrobat X Proを持っていても、試す機会はなかった。というのは、昔なら、よくFaxが使われいたので、それを書類として文章を起こす際のために、色々なソフトを購入し、度々活躍してもらった。特にパナソニックの「読取革命」シリーズにはお世話になった。日本語の認識率が昔から非常に高かった。
特にそういう日本語のOCR機能を使う機会が全くなくなった上、自分が持っているMac版のAcrobat X Proは英語版だ。通常、使わなければいけなくなる場面がなかった。しかもたとえ使用しなければならない場面があっても、以前は、MacのApp Storeで安く買ったなかなか性能が良いOCRソフトを持っていた。 →「Macの海外版Adobe AcrobatのOCR機能のメモ」の続きを読む