香港の公園の話・・・・・ぎゃあー

香港と言えば、いまだに不動産バブル。

昔、日本人が「うさぎ小屋」に住んでいると馬鹿にされたが、つい先頃、香港人は金持ちの陰で「棺おけ部屋」に住んでいる人が120万人もいると言われているとCNNで報道された。

via CNN.co.jp:「棺おけ部屋」に120万人が暮らす香港 華やかな発展の陰で –

これでは昔の水上生活者の方が楽ではなかったのかと思ってしまう。
(昔の香港の知り合いに子供の頃、水上生活者だった人がいた。彼はそれでも香港大学に行き、証券マンになって裕福になったが、その後・・・それはいつか)

だいたい政府自体が「不動産屋」みたいなことをやっている。しかも高値で放出し続けるようにして価格のコントロールをしているかのようだ。
そんな政府なので、「市民の憩い」とか考えていない。でも、大きな公園はもちろんある。

たとえば、香港に昔あった悪名高い「九龍城」。その跡地は、今や公園だ。このように、何かの「いわく」があり、不動産開発や売却ができないものは「公園」となるらしい。

ある、香港の葬儀場というか火葬場の近く。そんなところでも、不動産屋が不動産開発をやって熱心に販売している。そんないかにも風水最悪な場所にビジネスホテルもある。でもいつも満員だ。香港のホテル価格が高すぎるからだ。ここならまだ安い。

その葬儀場の近くに公園がある。そんな憩いの場所。ブランコもベンチもある。でも、誰もいない。一度も子供が遊んでいる姿をみたことがない。

実は、その場所、香港の心霊スポットとして大変有名なところだそうだ。もともとビルを建てる予定が、「何故か」頓挫してしまい、とうとう断念し、公園になったとのこと。近所の人は誰でも知っている。だから誰も利用しない。
でも、たまーに老人がベンチで座っている時がある。実はもう死んでいる人なのかもしれないけれど。

ちなみに、その場所を、携帯電話で写真を撮ろうとしたが、何故か画面がフリーズ。Evernoteでメモを取ろうとしてもフリーズ。(まあ、 電話が未だiPhone3Gで使い物にならないということもあるけれど)文字をうっても画面に文字が出てこない。やっと出たかと思ったら、何故か漢字で 「棺桶」と変換されて出てきた。ぎゃあー!! 気のせいか肩が重くなり、あまりにも気持ちが悪くなって断念した。

このように香港の公園(特に小さな公園)には「いわく」付きな場所があるので、要注意。ちなみに、信じるか信じないかはあなた次第です。

Googleツールバーにログインできなーい!(追記でMacでの解決策つき)

もうすでにGoogleのサポートが終了したしまったGoogleツールバー。
でも、これって大変便利でそのためにFirefoxを使っているといっても過言ではない。(もちろん、それ以外にも便利なアドオンがあるけれども)ということで、どうしてもあきらめることができない。

Firefox5から単純にインストールすらできなくできなくなったが、なんとか「Add-on Compatibility Reporter」 を別途アドオンすることによって利用してきた。しかし、ついに先週、ログインに・・・できなくなる。一応、ツールバー経由でGmailは開けれるものの、 ブックマークが・・・ログインできない!!

急いで解決方法を調べまくったが、見つからない。そういう問題もまだあまり表面化していない様子。自分が持っている他のPCとかでも、ちゃんと機能しているのもある。どうやら、一度ログアウトをすると、再びログインできないっぽい。

で、血眼になって探しまくったら、やっと海外のサイトにそれらしきものの投稿を見つけた。それを参考にして自力でなんとか解決。ふぅー。

方法は「toolbar.js」の編集でどうにかなった。どうやら、google.comのログインアドレスが変更になったらしい。エディタを使い、すべ ての「www.google.com/accounts」 の記述を 「accounts.google.com」に変えればOK。で、キャッシュを空にしてFirefoxを再起動し、再びツールーバーにログインし直せば動 くようになる。その新しい「toolbar.js」ファイルを家にあるPCのすべてに変えて(MACもWindowsも関係ない)問題解決。

Googleツールバーのサポー トが終了しているため、修正されたGoogleツールバーの新しいアドオンが上がる気配もない。これってユーザーに諦めさせるのが目的なのかな?

(追記)
Windowsの方は最近、「toolbar.js」が実際どこにあるのかとか、その探し方の方法とともにその修正方法も載っている所が出て来たみたいなのですが、Macについては、なかなか見当たりません。特に私みたいな「Lion」からのMac新規ユーザーなら、慣れずになおさら苦労している人が多いかと思います。ここでは、OSXLionユーザーで初心者向けに、私がやってうまくいった方法を書いておきます。(あくまで自己流なんですが、ちゃんと問題なく動作しております)

まず、エディターですが、何でも良いです。ちなみに私は、無料のmiというソフトを使わせていただいております。OSXLionでも問題なく動いております。

次に「toolbar.js」のありかですが、「Finder」を立ち上げ、そのままでは行けないので、「移動」➡「フォルダーで移動」を選びます。「フォルダーの場所を入力」のところに「    /Users/USERNAME/Library/Application Support/Firefox/Profiles/ 」と打ってください。(USERNAMEのところは、自分のユーザー名に変えてください)

そうすると、「XXXXXXX.defalt」というのがあると思います。(XXXXXXXの部分はPCによって違うみたいなので、あえて、XXXXXXXとしました。)
この中のどこかにあるのですが、1個、1個探すのは大変ですから、右上の検索に、「toolbar.js」とうって検索をかけてください。もちろん、検索は「このMac」ではなく、「XXXXXX.defalt」の方を選んでください。

これで「toolbar..ja」そのものが見つかります。この中身をエディターで修正するわけですが、失敗すると、いけませんので、やる前に念のため、現在の「toolbar.js」のコピー作成しといた方が良いかと思います。

ちなみにMiを使って修正する場合は、右クリック➡「このアプリケーションで開く」➡「Mi2.1」➡「Mi」で開いてください。

「検索」➡「検索・置換」を選び検索文字列に「www.google.com/accounts」、置換文字列に「accounts.google.com」と入れ、「次を置換」のボタンを押して置き換えてください。

これで完了です。後は、念のため、最近の履歴を消去し、Firefoxを再起動させ、ログインしなおせば、正常に動作するはずです。

ちなみに、Aurora(Beta)でも動作していますので、とりあえずは、これで当分は大丈夫でしょう。

もし、WindowsのPCでもGoogleツールバーを利用しているのでしたら、今回せっかく新しく「toolbar.js」を修正したのですから、それをコピーして、Windowsの「toolbar.js」も古いやつと入れ替えてあげましょう。ちゃんと動作します。もし、逆にすでに、Windowsの方修正済みでしたら、Winndows側の修正した「toolbar.js」をMacの方に入れてあげるだけで、再起動してあげればOKです。

とりあえず香港中心のアジアの情報。PC関係の話題も。WindowsよりMACやiPhoneの話題が中心!