私が香港で買った「とほほ」のジャンク品(Radio Alam Clock Speaker for iPodの巻)

「B7」という聞いたこともない中国の会社で、商品名は「Radio Alam Clock Speaker for iPod」と言います。ようするに「iPod用のラジオ付きめざましスピーカー」という機能をそのまま商品名にしているわけです。もちろんメイド・イン・ チャイナです。

値段は特価で当時HKD300。円高なので3000円というところですか。通常はHKD400以上で、売られているみたいです。肝心の音は・・それでもなかなか良いです。昔の中国製だったら考えられません。しかも音楽を楽しみながらiPhoneやiPodを充電してくれる、なかなかの優れもの。起きるときは、電子音でもラジオでもiPhoneの音楽でもOK、音楽を聴きながら眠ることもできます。しかし、保証期間は6か月というものの、保証書がないどころか、会社の住所もなく、故障しても、どこに持って行っていいかわかりません。店側に尋ねると、店に持ってきたら交換してあげるよと言うことで購入。

しかし、本当にこれが「とほほ」でした。 →「私が香港で買った「とほほ」のジャンク品(Radio Alam Clock Speaker for iPodの巻)」の続きを読む

世の中の仕組み

ここは、香港のとあるフェリーの港。
香港島のある地下鉄の駅の近く。
湾であり、水もきれいとは言いがたい。
でも、何故か、ここで釣り人をする人がたくさんいる。その数は、ひとりふたりではない。
本当なら、こんなところで釣れるものなどゴミしかないのに。
何故か・・・・・・。 →「世の中の仕組み」の続きを読む

豪華餅店

香港の俳優としておなじみの「チョウ・ユンファ(周 潤發)」。80年代に映画「男たちの挽歌」で人気を博し、今でこそハリウッドスターではあるが、元々は香港の南Y島(ラマ島)の出身で、子供の頃は大変貧乏だったそうだ。

当然、子供の頃、ケーキなどは、あこがれの食べ物だったのだろう。よく子供の頃、買えなかった今やプレミアムがついてしまっている昔のおもちゃになどを、自分で金が稼げるようになり、落ち着いてくると、つい「大人買い」してコレクションしてしまうという話は、よくあるものだ。ただ食べ物、ケーキは、今では冷蔵技術も進歩し、おいしい生クリームの上品なケーキもあるが、たぶん彼が子供の頃、憧れたであろう、ケーキというより、菓子パンみたいな、生クリームでなく、バタークリームで、時には、西洋のクリームではなく、「あんこ」であり、「軽い」のではなく、「重い」、昔の味のケーキである。こんなケーキなど、未だに作っているところは・・・・あるのである。

彼は、以前、香港の「九龍糖」というところに住んでいた。(今はそこを引っ越したらしい。また中心の拠点も米国に移っている。)ここの近くに「九龍城」があり(ちなみに、日本では悪名高き「九龍城」は、「九龍城砦」のことで、香港で一般に「九龍城」とは、その場所を含む一体の街を指す)そこに一件のパン屋がある。「豪華餅店」という店だ。
→「豪華餅店」の続きを読む

カエル

むかし、むかし、もう20年以上も前の事だが、香港の旺角(モンコック)の裏通りを歩いていたら、うらぶれたレストランの前の路上で、料理で使うためのカエルの処理を、道を歩く人にわざとみせるためにやっているのかと疑うくらい どうどうとやっていたのも目撃した。
木の太くて丸いまな板の上に、手慣れた手つきでカエルを置くや否や、中華包丁で、カエルの両手両足を一撃のうちに切落としていき、 その後皮をむいていく。グロテスクなのだが、あまりの見事さに声も出なかったのを思い出す。元々、カエルの味はチキンに似ていて(ヘビやカエルやチキンは 同じような味)人によってはカエルの方がおいしいというのだが、その光景が若干トラウマになってしまっているのか、どうもあれ以来カエル料理は苦手となっ てしまった。最近は肉すら食べなくなったので、どうでもいいのだが。

しかしながら、まだあの悪名高き九龍城が存在していた頃の中国返還前の香港って、本当にスリリング(?)でおもしろかった。
にこにこした笑顔で長い日本刀のような刀を持って走り去る、わけありのお兄さん。
町行く人々を脅かすふとどきな「こじO」をへらへらと笑っている見回りに来た「やくO」が発見し、見つかった「こじO」が一目散に逃げ去るシーン。(Oは伏字)
またある時は、たくさんの人が円を描くように集まって何やっているのかなと覗くと、その円の中心にぼこぼこに殴られたおやじと、何故か椅子にエラそうにすわって いるチンピラ、警官の3人がいて、ぼこぼこに殴られたおやじが、身振り手振りで、おれは、こいつ(チンピラ)に殴られた、お前見てただろうと目撃者らしい 人に対する問いに、警官が確認したら、「知りません」の一言などなど。
まさに弱肉強食!!まるで香港映画(コメディー)の世界。
まあ、他人事なので、また日常茶飯時だったので、何故か冷静に見ておりました。

まあ、あれから時代は代わり、もう九龍城はなくなって、市民の憩いの場の公園になり、その近所は、古くて情緒ある街とは言いがたく、未だ汚いビルなどが立ち並んではいるが、今や隠れグルメタウンとも呼ばれ、意外に名店が集まる街と話題となっている。

その中で一軒のパン屋がある。日本のガイドブックにも載っているらしく、何故かたまに、日本の観光客がわざわざ買い求めているらしい。その話は今度。

 

海外ホテル予約比較サイトホテルコンバインドのホームページ。
海外だけでなく、日本国内でも、どこの有名な旅行業者(エクスペディア、じゃらん、ホテルズドットコム等・・・)のホテルの予約料金が安いかを比較できます。

海外に直接、アゴダ


海外のホテル予約のAgoda。
特に北米関係のホテルのオファーは他社より、安かったりします。