「Hong Kong」カテゴリーアーカイブ

明日は端午節なのに・・・

明日、5月30日は、旧暦の5月5日。香港は、「端午節」で祝日。
|
日本は新暦で5月5日は「こどもの日」として祝日なのだが、だいたい日本は、アジアの中でもある意味特殊で、明治の最初までは、もともと日本も旧暦で色々なものを祝っていたものを、いきなり全てを新暦に「そのまま」置き換えたわけだ。だから日本の場合、明治以前にあった祝日、それ以前に生まれた偉人などの誕生日が、実は全て1ヶ月くらい早いわけだ。例えば日本で、「お釈迦様の誕生日は4月8日」と言ったところで、他のアジアでは、あくまで旧暦の話であって、新暦で言うところの1ヶ月くらい後の話だ。なので、今年の場合だと、5月3日(旧暦の4月8日)が祝日であったり、その月の満月の日(旧暦の5月10日)が祝日だったりする。

話は「端午節」に戻るが、香港は、明日1日お休みであるものの、中国本土と言えば、今日も含め明日までの3連休となる。
→「明日は端午節なのに・・・」の続きを読む

「必殺仕事人」任務完了??

昨日3月5日は暦で「啓蟄」。「暖かくなって、冬眠をしていた虫が、穴から出てくる頃」と言われる日。
以前に書いたが、その日に、いろいろな「邪悪なもの」までも目を覚まして出てくるというわけで、それで、香港名物「小人叩き」(打小人)というわけだ。

もう観光名所化している銅鑼灣は、年中無休でやっているが、この日だけは、そこだけでなく、いろいろな所でやっている。
そういうのは別に、「XXX、地獄に落ちろ!」という意味でやるのではなく、「一家安全に過ごせますように」という願いとともに行うケースだ。

まあ、「信じるも信じないも、あなた次第です。」というようなものなのであるが、昔ここで書いたことで、気になることがある。 →「「必殺仕事人」任務完了??」の続きを読む

今年の人出は?

明日、2月22日は、旧暦の1月26日。旧暦の1月26日と言えば、今年もやってきました、香港の紅磡(ホンハム)観音廟という小さなお寺で、「観音開庫」が開催される日だ。
最近では、香港のどこの観音寺でも、この「観音開庫」が「大々的に」開催されたりしているのだが、この紅磡の観音廟がやはり有名で、毎年、交通関係のおまわりさんまで出動して、近くの道路の交通規制をしたりする。

以前にも書いた通り、観音様の金庫(あくまで想像のもの)が一年に一回開くという日ということになり、人々がそのお金を借りるために訪れるというストーリーの行事で、お寺の抽選によって莫大なお金が当たったりするのであるが、もちろん、現実に(貸して)もらえるわけではなく、あくまで「縁起物」のために、行列ができる日だ。 →「今年の人出は?」の続きを読む

普通のアルカリ電池も使えない(後編)

前編の続き

ということで、香港の電脳街、深水埗(シャムスイポ)に行く。

以前に何度か書いたが、この深水埗という街、確かに今では、ほぼぼったくりに近い店も、死ぬほどあるのだが、逆にそこで長年地味に営業している良心的な店もあることはある。また、最近、中国自体の経済も悪くなってきたため、今までのようなぼったくり路線だと店が潰れてしまうということで、逆に良心的な店になったということもあった。香港の商売の時間の流れは大変速い。

その中古のリモコンが大量に売られている路上の店。女店主がリモコンの中の基盤を一生懸命磨いていた。色々店を観察して見ると、ここで長年地味に営業している良心的な店の部類のようだ。

そこの店主に、リモコンのブランドネームと型番を言って、これがあるか聞いて見る。
すると、その情報だけですぐピンときたみたいで、奥から探して持ってきた。そのリモコンを見ると、まさしく探していた自分のリモコンと同じ型のものであった。 →「普通のアルカリ電池も使えない(後編)」の続きを読む