AsiaWatcher のすべての投稿

香港のApple Retail Storeに実際に行ってみた

土曜日のインターネットプロバイダーのトラブルのために、開店初日に来店することはできなかったが、翌日、日曜日、やっと行く運びとなった。

香港サイドのセントラルのIFC(國際金融中心)モールということなので、交通手段としては、バスで行くかまたは地下鉄では、香港駅かセントラル(中環)駅ということになる。もし九龍サイドからなら、チムサアチョイ(尖沙咀)フェリー乗り場から、安くて便利なスターフェリーに乗って行く手もある。これならフェリーから降りて歩いて5分以内でApple Retail Storeに行ける。しかも、そのフェリー降り場からIFCモールに向かう途中、このショップの中の様子が見える。混んでいるかどうか一目瞭然だ。

 げげげ!!!なんだこの人の多さは!!

ということで、店の中に入ってみる。
店内で無数のもちろん新型のAPPLE商品を実際手に取って使ってみることができるようになっている。すごい。何故なら香港では、ひどいところになると、未だに旧モデルにOSもSnow Leopardというものを展示している店も多数あるからだ。(香港の悪どい商人達は展示用の新しい商品は、すでに売り飛ばしていると思われる)
しかも、とにかく中が広い。香港の不動産は馬鹿高く、しかもIFCモール。一体家賃はどれくらいなのだろうか?想像もつかない。さすが、今や米国NO.1企業。

しかもその上の階も店舗で借りており、下の階のショップの中から噂の「スカートの中、丸見え階段」で移動できるようになっている。(階段部分のガラスの表面は、もちろん、ちゃんと加工されていて、下からは覗けないようになっているのだが・・・)

まるで天国へ行くために順番に上っているのではないかと思われるような光景が広がる。

上の階にレジがあり、アクセサリーも豊富に売っている。
前から欲しかったAirMac Express(Airport Express)は・・・・・あった。

実は香港のオーソライズ・ショップも在庫は持ちたくないので、この手の商品はなかなか売っていなくて、今まで注文でしか買えなかった。それでも、最後の1個。買おうかどうか考えたのだが、手に取った瞬間、悔しがる一人の男。こいつも、これが目当てだった様で、もし、これを手放したら買われてしまう・・・。ということで、記念に購入することに。

店員の態度も香港と思えないくらい良い。Apple Storeの香港のネット販売でも、ここで買っても同じなので、これで商品に問題があって、わざわざ電話でどうのこうのやらなくとも、ここに直接行けば良い。(というか、それが当たり前なのだけれども)
Apple商品の購入で問題だった点が一つクリアされ、気持ち的にも楽だ。

以前、購入した商品や、今回買った商品も、Genius(天才)というエリアに行くと特別な店員さんが答えてくれるみたいなので、疑問等をぶっつけてみる。でも、どっちかというと、PCマニアでもMacではないようで、意外にWidows関係との接続はわかってたりするんだけれども、Macの商品知識は逆に、イマイチだったりする。

欧米の店員さんもいて、いろんな言語で対応しているようだが、日本人の店員はいない(多分)ので、日本語での対応はできない様子。(もう香港では日本人はマイナーなのかも知れない)店員さん達が「”Can you speak Japanese”とか言われて困ったよ」とか話していた。

こんなに広い店舗に人がごったがえしていたが、まわりの中国(大陸)人の金持ち目当ての高級店舗は、意外にガラガラ。どうも、中国(大陸)の金持ちの景気が悪くなって、不動産投資王みたいな一部の人たちが夜逃げしたりして混乱しているという話を伝え聞いていたがどうも、本当らしい。

家に帰って、悪戦苦闘することになる、AirMac Express(Airport Express)の問題はPCの方でまた、今度。

香港初のApple Retail Storeのオープニングへ行けず(まったく香港のプロバイダーときたら・・・)

香港のプロバイダーはいくつかあるものの、古いビルやマンションになるとこの時代に光ファイバーなど届いていなくて、結局、ADSLの大手PCCWか有線テレビの回線を利用したi-Cableの2社の、「うんこ味のカレーとカレー味のうんこのどっちがいい」と言うレベルの究極の2択みたいなことになる。
と、言うのも、どちらの評判もすこぶる悪い。まあ、こんな儲からないプロバイダー稼業をやるより、不動産を転がした方が、何倍も楽に金儲けができるので、力を入れないのもしょうがない話だ。

で、こっちはそのうちのひとつi-Cableに加入しているのだが、まあ、何回怒りまくってキレたか忘れてしまった。それでも、若干は良くなっているかもしれない。数年前の現地の評判をネットで調べると、とにかく悪口が凄まじい。ある日本人など、「ようやく、この最悪のプロバイダーを解約できた」と、わざわざツイートする人までいる始末だ。

最近、ここ1ヶ月くらい、まともにインターネットが繋がらず、トラブルだらけ。だいたい、数ヶ月前、回線のアップグレードのため、モデムが交換になってから、とにかくおかしい。
何回も怒りの電話をかけまくり、ようやくこれこれの日に調べに来るという承諾をもらい、その日、1日待ったが誰も来ず。(その前に電話をすると、後でお電話を差し上げますからといって電話を切られ、一度もかかってこないということを何度も繰り返した)また文句を言って、後日やっと来た技術者がまた素人。結局ケーブルがおかしいということで、工事者が来るからといって、待ってくださいと言って何日待っても、電話も来る気配もなし。またこっちから電話を繰り返しかけ、じゃあ、本日の昼一番に来るという事になって、それが終わった後に、今日香港初のオープンとなるApple Retail Storeのオープニングに行こうと思って待つ事に。しかし、結局来たのは、夕方5時近く。なんか外の回線をいじったり、なんやらかんやらして、いろいろやって、確かに以前より良くはなったが、まだ、サイトによって見えなくなったりする。

どうもそれ以外にも、ルーター(使っているのは、バッファローの1年前くらいに出たモデル)の相性も悪いのではないかという疑惑が。よく見ると、新しいモデムはシスコ製。あれ???

実は今、何故、バッファローのルーターを使っているのかというと、実はi-Cableの回線というかモデムと当時使っていたリンクシスのルーターの相性が悪く、やはり、今回と似たようなトラブルがおこったからだ。リンクシスって、シスコに買収された会社だから、ひょっとすると、前使っていたリンクシスのルーターに戻してやったら、きちんと動くようになるかも?

で、戻してみたら、やっとまともに・・・・。しかしなんで、今回、突然シスコのモデム(今までは別の会社)を使うこととなったんだろう?まあ、ちゃんと使えればどうでもいい、気がついたら、夜の8時過ぎ。

本日朝9時より香港初のApple Retail StoreがOpenとなったが、結局は行けず・・・とほほほほ。

(追記)このプロバイダーはひどくなる一方。最近では、みんな文句を言うことすら、やめた。なぜなら、文句の電話もつながらない「工夫」と、その後、契約解除することができない「工夫」ばかり、やっているからだ。
知り合いの中で、ここを使って、一度もキレた事がない人は、残念ながらいない。
「何が問題か?」を聞こうともせず、マニュアル通りの解答しかしないからだ。
たまに、香港のホームページのみ、見るくらいなら良いが、もし、インターネットを重要なことで使うなら、今のような状況では、このプロバイダーは使わない方が良いかもしれない。

ひょえーもう並んでいるらしい!!

先日書いた、香港で初のApple Retail Store が IFC mallでオープン。いよいよ明日なのだが、たかがオープニングで配られるTシャツ目当てに、もうすでに行列ができているとのこと。これじゃあ、明日、様子を見に行く事もできなさそう。とりあえず営業が正常になるまで待とう。

ちなみに、現地の新聞でもこのオープニングについて連日報道されているが、それによるとショップの中央にある階段がどうやら透明らしい。で、スカートをはいてくる女性は、パンツが丸見えになるから要注意だとか・・・・・

しかし、ここ最近、株が暴落して大変な状況の今になってやっとオープンとは・・・・。皮肉なもんだな。

85円のゲームに、はまるでござるの巻

MacのOSのひとつの特徴に、Apple Storeのアイコンがあって、iPhoneやiPadみたいに、クレジットカードを持たなくても、itunes cardを利用してソフトを買うことができる。これって凄く便利な上、何かトラブルがあっても、最高、itunes cardの残高の被害しかあわないわけで、安心して買い物ができる。しかもその上、時たま、これも、iPhoneやiPad同様、ちょっと古いソフトを期間限定でバーゲンすることがある。

で、GAME LOFTが新学期セール(ご存知の通り、米国は9月が新学期)として、4タイトルのMACゲームソフトを、なんと期間限定でたった85円で販売。

→「85円のゲームに、はまるでござるの巻」の続きを読む