ボラれて当たり前(前編)

前々回、香港の紅磡(ホンハム)観音廟の「観音開庫」の話について、再び書いたが、書いた本人は、どちらかというと「商業的な」観音開庫の日に長時間並んでまでお参りする気はなく、ちゃんと別の日にきちんとお参りしようと思い、先日、その日が旧暦の一日(ついたち)に当たることから、紅磡の観音廟に改めてお参りに行った。

旧暦の一日、十五日はお参りの人々が多く、その日が一日とは言っても、昼下がりに行くことになったので、そこまで混んではないだろうと思ったのだが、大外れ。狭いお寺が人混みでぎゅうぎゅう詰め。何でこんな人だらけなんだと思ったら、どうやらたまたま観光客も混ざって、ここまでの人らしい。

最近ではこのお寺、「財運」の霊験あらかたなお寺として、香港での観光名所の仲間入りをして観光客が増え、寺の前の狭い道路が大型の観光バスや車同士のトラブルが起きることも結構あるようだ。この前など、とうとう不幸にも人身事故まで起きてしまった。しかも、中国大陸からの観光客などがお寺につめかける時になるともう大変。もともとの国家の性質から、宗教の観念がよくわかっていない人たちも少なくなく、火をつけた線香やらろうそくやら、人に向けてきたり、仏像にお金を投げたり、もうめちゃくちゃ。ただここへ観光に来ているのは「お金にまつわる」お寺だからなのであろう。でも、もともとここのお寺の由来は、そういうところではないのであるが・・・。

そういえば、ここのお寺ではないが、別の近くのお寺で、仏像にお賽銭を投げつける人がいて、見かねたある西洋人が、「お金はちゃんと、この賽銭箱に入れろ」と、なぜか流暢なマンダリンで注意をしていた。あの西洋人は、一体何者だったんだろう?? →「ボラれて当たり前(前編)」の続きを読む