ずーっと平日


みなさま、明けましておめでとうございます。

昔の香港は、クリスマス〜正月〜旧正月にかけて、街並みのデコレーションが派手になり、年の瀬という実感とともに、それが「観光」の呼び物となっていましたが、今年は本当に「平日」という感じです。

もともと、アジアのかなりの国は、西暦より旧暦の正月を大切にする傾向があり、日本ですら、明治のはじめまでは、「正月」=「旧暦の正月」であり、しかも2017年の旧暦に関しては、同じ月が2回ある「閏月」の年であったため、本当の「戌年」の正月は、2月16日と、あと1ヶ月以上もあるので、まあ、今年のクリスマス〜正月が地味というのも納得します。

日本の「初詣」に当たるのは、この2月16日で(正確には、2月15日の午後11時から)、西暦の1月1日に香港で通常、「初詣」に行く人はいないのですが、今年の1月1日は旧暦の11月15日にあたり、旧暦の1日と15日は、普通にお寺などにお参りに行く人が多いため、1月1日のお寺は、祝日ということもあり、結構賑わっていました。

まあ、それと、中国に対しての「忖度」もあったのでしょうけど、まあ、例えば、実際、日本も別にクリスマスは祝日でもないですし、「観光」の意味でも、もう少し、盛り上がってもいいのでは?と思ってしまいました。日本の神社仏閣でもクリスマスパーティをしたりしますから(笑)。「宗教に対する差別が・・・」とか、いう人もいるのでしょうけど、それによって、逆に差別が起こっている気もします。「忖度」も逆効果になることは、よくある話です。

昨年のクリスマスあたりにフェリーから撮影して、この程度です。

まあ、これでも結構綺麗なのですが、「昔の香港は・・・」と、つい懐かしんだりします。

ということで、今日、2日も平日。まあ、これは西洋でもそうですし、本当の年末気分は、来月にならないと来ないのでしょう。

もうAppleからの「クリスマスプレゼント」はないようですね。
香港では、Apple Storeの人たちは、クリスマスのずーっと前から「真っ赤な」服を着て、中国の金持ちの方々の「おれの順番を先にしろ!」みたいな無理なお願いに対応しておられました。無理なお願いも札束の前には、土下座します。あまり書くと、また変なメールが大量に来ますからこのへんで。単なる貧乏人の僻みですのでお許しを(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です