本当の意味でVistaは最悪だった

DOS/VからWindows3.1、95・・・・ずっとマイクロソフトのOSを長年使い続けたにも関わらず、或る日突然、いやになってギブアップし、Appleにのりかえた理由は、Windows Vistaの登場にあった。

それまでWindowsのOSとしては、 Meが史上最悪だったとか、色々言われたりしていたが、あれはあれでまだ愛着あり、やり方一つでなんとかなったものであるが、あのVistaの登場時は、使って初めて、「なんともならない」と大きなため息をついたものだった。その登場前までの、Vista に関する各マスコミによる、サクラの賞賛記事にもうんざりした。
→「本当の意味でVistaは最悪だった」の続きを読む