だんだん巧妙になってきた

Pocket

先日、久々、Appleを装った、なりすましメールがくる。
通常は、一発で偽メールと簡単に見分けることができるが、敵もさることながら、なかなか手口が巧妙になってきている。

日本語できたのであるが、さすがGoogle翻訳か何か使ったのか、若干日本語がおかしい。ただ、そこまで酷くはなく、このくらいの日本語のおかしさは、グローバル企業ではよくあるくらいのもので、逆におかしく思わないかもしれない。

タイトルは、「あなたのアカウントで何かが間違って、あなたのアカウントが安全であることを確認してください。」という、何がなんだかわからないタイトルだ。

そしてこの手の詐欺というか犯罪でよくあるメッセージ、「24時間にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。」の一行。これにより、考える時間や調べる時間を与えず、罠にはめようとする魂胆がミエミエ。

これが送られてきたメールであるが、まずはおかしいのは、こちらの名前が書かれていなくて、いきなり大きな文字で、「拝啓」から始まっている。

ちなみに本物のAppleからのメールは、このように、こちらの登録した名前、「XXXXXX」様で始まる。

「なりすましメール」を見て、どうせ「拝啓」で始めるなら「敬具」でしめろよ!と思っちゃったが、この2つを比べれば比べるほど、一見よくできた「なりすましメール」ではあるが、細かいところでは、ツッコミどころが満載であることもわかる。

ただ、なかなか「巧妙」だと思ったのは、まず送信先に関しては、サブドメインに「Apple」などの文字を混ぜることによって、Appleからの正式メールアドレスのように錯覚させている。

また、リンク先に関しては、そのリンク先をわからぬように、「ow.ly」を利用。これは本来、長ったらしいリンクアドレスを短縮化するのが目的なのだが、これによって、リンク先を見ただけでは、どこに飛ばされるかが、一見わからない。

もし、そのリンクを踏んだら、偽サイトに飛ばされて、そこで、ID及びパスワードを入力でもしてしまったら、一巻の終わりというわけだ。

今まで、Apple関係について、ウイルスや詐欺関係が少なかったのは、セキュリティが強固ということではなく、あくまでApple商品が少数派で、しかも、ジョブズ氏の「ある」背景等があった訳で、ジョブズ氏亡き後、今では巨大化したApple関係が、狙われないわけがない。しかも、ユーザーの中に、「Appleは安心」と信じ込んでいる人たちが多いので、逆に、これからの予想がつかないトラブルには、気をつけるべきなのであろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

最新のiPhoneアプリランキング、TOP5です。
突然のバーゲンでランキングトップになるアプリもあったりしますので要注目です。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です