Appleのなりすましメールか・・・

Pocket

久々、あまり使っていないメールアドレスに、「Appleからのお知らせ」のようなメールが来た。このメールアカウント経由では、Appleの一切のサービスを利用していないのにもかかわらずだ。

この文面を見て、というか、たとえ英語がわからないとしても、これがAppleからのものではないとわかる、「雑な」様式のメールだ。

まあ、このようなメールに引っかかるようなやつはいるのかな?と思ってしまうのだが、現実に引っかかった知り合いも何人か知っているし、そういうメールが送られて来たら、やっぱりちょっと戸惑う人もいるので、その文面を晒しておく。


これを見てもわかるが、こういう類のメール、必ず「誰宛」のメールかが書いていない。当たり前だが、このメールアドレスの主が誰だかわからないからだ。

で、もっとらしい「www.apple.com……」とあるところのリンクのアドレスをコピペして、本当のアドレスを見てみると、「org.ar」とあるので、このリンク先は、アルゼンチンの詐欺サイトというわけだ。

実験で、実際にこのサイトにアクセスして見たが(よい子はマネしないでね)、Google Chromeですらちゃんと、「偽のサイトにアクセスしようとしています」という警告が出てきた。
まあ、この偽サイトは、もうブラックリストにも載っているのにもかかわらず、「数撃ちゃ当たる」と思って、メールを送りまくっているのであろう。でも、確かに、最近では、iPhone、iPadなどでメールを確認する人が多いわけで、そういうのでは、このようなパターン、フィッシング詐欺の類の警告は出なかったりするから、こういう類の詐欺は、これからも、まだまだ増え続けるのであろう。

ベルメゾンネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です