風が吹けば桶屋が儲かる

Pocket

もうどのくらい香港の悪天候は続いているのであろうか?
本当に雨の日ばかり続く。今日も雨だ。体調もすごぶる悪い。
天気が悪い日が続くから、たまに天気が良いと、とにかく洗濯、となる。しかも、溜まった分だけ、大量だ。

布団も干したい・・・というのはわかるが、ただでさえ、洗濯物を干すスペースが大量の洗濯した物で埋まっているわけだから、狭い香港のマンションなどでは、布団まで干すことができなかったりするので、中では、信じられないような強行策によって、それを解決しようという輩も出てくる。

なんと、市民の公園などのスペースで平然と、布団を干していたりするのだ。

Futon1

まあ、なんとも迷惑な話なのであるが、それだけではなく、今まで見た光景で一番凄かったのは、道路の脇のガードレールで干しているツワモノまでいた。

ただ、そこまでいくと、干すどころか、その布団がPM2.5とかで、汚染されてしまうのではないかと考えてしまうのであるが。

まあ、そこまで天気が悪い日ばかりなので、「風が吹けば桶屋が儲かる」というか、今まで香港で決してなかったし、あっても繁盛しなかった、コインランドリーが、ますます勢力を伸ばしている。

今のところ、2種類のチェーン店を発見した。次々、この悪天候を利用して、潰れるどころか、フランチャイズを次々に広げているようだ。
「磅洗」も何も、とにかく家で洗えるけど、みんな乾燥が困っているからで、それで利用しているようだ。

実際試しに使ってみたが、使い方は簡単。
そのランドリー専用のコインの両替機がちゃんとあって、その両替したコインを投入して洗濯するのだ。

coinl_1

洗濯機に関しては、洗剤を別に購入して入れる必要がなく、機械が自動で投入してくれる。旅行者には確かに便利ではある。

coinl_2

やはり、ほとんどの人は、乾燥機目当てのようだが、面倒なので、洗濯もここで、ついでにやる人も出てきている。ただ。乾燥機に関しては、空くのを待つのに行列ができている時もあるようだ。

「しょうがなく」、ここを使う人も多いようで、ここの店の人でもないのに、乾燥機を使う前に、自前で用意した雑巾等で、中を丁寧に拭いて利用していた人までいた。

3年前に、「香港にコインランドリーはない」という話を書いたが、この悪天候が続けば続くほど、香港でも、「磅洗」と棲みわけができて、いよいよコインランドリーが普及するのかもしれない。

マウスコンピューター/G-Tune

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です