またまたMacの「連絡先」がフリーズした


Mac 純正の「連絡先」アプリは便利だ。iCloudによってiPhoneなどと連携できる。
ただ、使い勝手はさほど良くない。なんだか、無料なので、「放りっぱなし」にされているような気がする。

iPhoneに関しては、まだ、それを補助するたくさんのサードパーティーのアプリがある。連絡先+」 などが良い例だ。
実際、自分自身、iPhone側では、純正アプリより、この連絡先+を多用し、重宝している。
しかしながら、Macの方には、「連絡先+」のようなものは、今の所ない、というか、そういうのに関しては、やはり携帯電話が主体となっているので、iPhone側で色々と編集すれば良いわけで、そこまで必要ないからだ。

しかも、このMacの「連絡先」、意外にトラブルが起こりやすい。実は、何度か、このMacの「連絡先」で新しい連絡先を追加している最中、突如、アプリがフリーズすることがあるのだ。

厄介なのは、一度フリーズしてしまうと、次から、二度と、アプリが起動しなくなったりする。マウスのカーソルが永遠、グルグルと回るだけなのだ。

通常、こういう時は、アプリを完全削除して、再インストールするのが、最善の方法なのであるが、厄介なのは、このアプリがAppleの純正アプリで、OSXを入れた段階でインストールされているので、アプリの再インストール=OSXの再インストールとなってしまうことなのだ。そのため、いろいろな掲示板等を見ていると、そういう現象に見舞われ、最終的には、泣く泣く再インストールされる方もいるようだが、自分自身も、以前、いろいろ試した結果、どうやらこのトラブル、iCloudが関わっていることが多いようだ。

実際に過去このトラブルは、「連絡先」のiCloudの関連を外した後、再び関連付ける方法で解決した。

具体的な方法は過去に書いたが、以下の通りだ。

「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「iCloud」の「連絡先」のチェックを一度はずして、改めて「連絡先」のアプリを起動する。
その後、再びiCloudのチェックをつけ、起動。これにより再び同期する。

iC1

ということで、今回もやってみたが、見事に解決。

しかしながら、問題は、相変わらず、iCloudで、困った問題が突発的に起こることで、このことが、いまだに続いている。ただ、Apple側を簡単に責められないのは、これが、例えば、日本や香港だけの現象なのか、全世界的な問題なのか、わからないことだ。
ひょっとすると、使っているプロバイダーサイドの問題かもしれない。
ただ、それをApple側に連絡しても、実際に問題が起きていたとしても、「他でそのような現象は見られません。」と返答されるのが、オチであろう。

まあ、これに関しては、この方法で、解決出来ることが多いようなので、もしそのような現象が起きたら、再インストール前にiCloudとの同期を一度、オフにしてみましょう。また、「連絡先」以外でも、iCloudが原因で、似たようなトラブルが起こることもあるようです。
本当に、iCloudは厄介・・・・

連絡先+ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です