Boot Campが必須になってきた

ご存知の通り、本日、iPhoneやiPadなどのiOS9.3.2がリリースされたのと同時に、MacのOSX 10.11.5もリリースされた。

iTunesのデザインが変わったとか、そういうことが話題にはなっているが、今回、個人的な問題ではあるが、OSX 10.11.5にアップデートしていたら、途中、真っ白い画面が出て、そこから動かなくなってしまった。おかしいのは、マウスのカーソルだけは、その中で、表示されることだ。

し、しまった。どうせ、マイナーアップデートだと甘く見て、バックアップなしに、OSXのアップデートをやってしまった。Time Machieで、前の状況に戻すとしても、以前のバックアップ後に作業したファイルが全部消えてしまう。

何度、新たに立ち上げても、スクリーンには、この白い画面が出現して、何もできない。いろいろ修復を試みてもダメ。

とにかく最初に、バックアップしていないファイルを取り出さなければ・・・どうしよう・・・と、途方にくれたが・・・あっ、そうか、Windows側で取り出せば良いんだということを思いつく。Boot CampでWindows10を入れているから、そちらで、Macのドライブにアクセスする方法をとろうと考える。
→「Boot Campが必須になってきた」の続きを読む