値上げしているので補足


もう3年近くほど前に、「香港エアポート・エクスプレスのお得な話」という話を書いたのであるが、未だに参考になされている人や、中には、そのままのデータを引用されている方もいらっしゃるのは良いのではあるが、問題は、あの話を書いた時に比べ、香港の地下鉄などの乗車運賃などが値上がりしていて、いろいろ違ってきている。

但し、幸い、空港まで行き来に便利なエアポート・エクスプレスの乗車運賃に関しては、もともとさほど安いわけではないことから、未だに、値段は据え置きにされている。
ただ、グループチケット(割引)に関しては、若干値上がりしているので、今回、その情報を書いておきます。

実は、今年の1月31日から、以下のようになっています。

2人の場合(Group of 2 – Single Journey Ticket Set)
香港駅までは、通常HKD200(HKD100X2)のところ、HKD170 (1人当たりHKD85)、
九龍駅までは、通常HKD180の(HKD90X2)ところ、HKD150 (1人当たりHKD75)

香港駅までのみHKD10値下げ。九龍駅まではHKD10値上げ。

3人の場合(Group of 3 – Single Journey Ticket Set)
香港駅までは、通常HKD300(HKD100X3)のところ、HKD230 (1人当たりHKD76.7)、
九龍駅までは、通常HKD270の(HKD90X3)ところ、HKD210 (1人当たりHKD70)

それぞれHKD20の値上げ

4人になると(Group of 4 – Single Journey Ticket Set)
香港駅までは、通常HKD400(HKD100X4)のところ、HKD280 (1人当たりHKD70)、
九龍駅までは、通常HKD360の(HKD90X4)ところ、HKD250 (1人当たりHKD62.5)

それぞれHKD30の値上げ

と、なっています。

面白いのが、2人の場合、香港駅までの運賃が逆に値下げしていることだ。これに関しては、逆に、今まで、料金体系的におかしかったのを是正した形なのであろう。
しかしながら、原油も安くなり、実質ペッグしている米国ドルも強いので、本来、値上げ自体おかしな話なのであるが、それでも、この微妙な値上げですんでいるのは、その空港までのインフラのライバルである、タクシー料金などとの兼ね合いがある。あまり値上げしちゃったり、このような値引きをしないと、ごっそり客を持っていかれる可能性があるからだ。
実際、タクシー業界の新しい仕組みなどに関しては、いろいろと複雑な圧力をかけらているのが問題にもなっている。

なんだかんだ言ってもやはり便利で速い、エアポート・エクスプレス。これらのチケットは、あの時も書いたが、香港に到着後、カスタマーサービスセンターで購入できる。「列車車票」と書いてあるカウンターだ。

airport2

しかし、最近では、もっと格安なバスでの移動を選ぶ人も本当に増えた。LCCでせっかく安く来たのに、ここでも、安くすませたいというのもあるのであろう。それに空港での、誰かのお見送りのためなら、当日の往復になるから、帰りのバス代が半額と、さらにお安くなるので、これが一番お得なのも間違いない。

(補足) エアポート・エクスプレスで、待望の無料Wi-Fiサービスが開始されたとのこと。参考まで。

海外格安航空券ena(イーナ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です