アプリ内購入は本当にトラブる

Pocket

元々のAppleの基本方針では、Apple Storeのアプリ内購入に関して否定的であった。しかしその方針をその後転換し、アプリ内購入が始まり、今では、アプリ内購入というパターンが、かなり増えている。
これによって、ネットゲーム会社は、たまに倫理的な問題が出るという時もあるが、まあ、一儲けというか、運営しやすくなったし、そういう類でなくとも、例えば、あるソフトでとりあえず試しに使えるかどうかという場合に、最初は機能限定とは言っても無料であると、とりあえず試してみることができ、良さそうだと、全機能をアプリ内購入をすればよい。また、無料の場合は、うざい広告付き、その広告を外したかったら、お金を払ってくださいとか、まあ、アプリ開発者達としては、今では、良きビジネスモデルとして、このアプリ内課金は、必要不可欠なものとなっている。

ただ、このアプリ内購入、消費者という立場から自分自身実際に購入して、過去何度もトラブルになったことがある。以前書いたが、Apple自身が提供しているサービスでも、トラブルが発生したこともある。

そして、つい先日もあるアプリのアップデートに関して、トラブルが起こった。無料の場合、本当にうざい広告が出るため、頻繁に使うアプリということもあり、迷わず、アプリ内購入で、うざい広告を消した。しかし、この開発元、アップデートを頻繁にやってきて、それはそれで良いのであるが、そのたびに、ちょっとわかりにくいところにある、アプリ内購入のところにある「Restore Purchase(購入済み)」ボタンを押さないといけない。
しかし、今回のアップデート、そのボタンを押しても、エラーが出てくる。おかしいと思い、何度かやっていると、成功したことを伝えるメッセージが出るのだが、うざい広告は消えず、何度再起動させても、広告が出続けるのだ。

ということで、Appleにどうなっているのか聞くため、メールすることになる。しかし、そのメールの部分までたどり着くのが大変。ここ数年で、ますますわかりにくくなっている。
しかし、最近は、メールだけでなく、チャットでも相談できるようになっているので、チャットしてみる。
するとApple側は、内部課金の支払い番号を教えろときたので、iTunesらアカウントにログインし、過去支払った番号を調べる。ここまでの作業でも、かなり時間を費やしたが、本来慣れてないと、それ以上に、膨大な時間がかかることになる。まるで、クレームを諦めさせるための嫌がらせみたいで、ちょっと、ムッとする。しかし、ここから激怒することとなる。

いろいろ調べさせられた挙句、これな内部課金なので、Appleではなく、そこの開発元と連絡を取れと言われる。え?それならなぜ、それを最初から言わなかったのかと思い、その開発元のホームページに行ったのであるが、そこには、連絡先をするためのメールアドレスすらない。
なのでApple側に、文句を言うからメールアドレスを教えろと言ったら、長い時間待たされ、「ない」という。じゃあ、どうすれば良いんだ???泣きねいりか?どういう仕組みでやっているんだ?

表面的にはフレンドリーながら、最近、現実的には、ますますアンフレンドリーになってきたAppleさん。昔は、そう文句は言っても、改善を重ねてきてくれたのに、最近は改善のかけらもない。イメージ操作ばかり。ますますあの会社の落ちる間際に似てきたなと思ったが、それより、現実、このトラブルを解決しなくてはいけない。

いろいろ調べると、この開発元、どうやらフェイスブックはあるみたいで、これ経由で文句を言うしかないようなのであるが、個人的に、フェイスブックは今の所やっていない。困ったと諦めかけていた時、なぜか、その開発元のホームページのとてもわかりにくいところに、メールアドレスが登場。あれ?さっきまでなかったはずなのにと思いながら、とりあえずクレームのメール。1分も経たないうちに、「すみません。新しいバージョンのバグです。」との返事。まあ、バグならしょうがないかと思ったが、開発元がバグがわかり、それをすぐに修正しても、また出てくるまで、許可の順番待ち。何日待つことやら。

この内部課金のトラブル、始まった時から、いろいろなトラブルも報告されているのであるが、Apple自身が、開発元にばかり責任を押し付けて、本来の根本的な部分を改善していないような気もする。確かにわかるのではあるが、一辺倒に責任を押し付けるのではなくて、それを消費者が困らないように、迅速に対処する仕組みが作れるはずなのにと思うのではあるが。

シマンテックストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です