忍法!なりきりの術(後編)?


忍法!なりきりの術(前編)?」の続き。

結局、その店はどうやら廃業したようで、実はその隣に別のライバル店があるのだが、とりあえず現在は、ウハウハ状態だ。確かにそのライバル店も行列ができる名店には間違いないが、その廃業した店にはかなわない。
ひょっとしたら、その廃業した店の後にできる新しい店も、実はスタッフが同じなのかもしれない(店舗名が違うということは、その店を売ったというわけではない可能性が高い。従業員を引き抜いたかもしれない)。そして以前の店と同じように営業するのかもしれない。これこそ、香港、「忍法!なりきりの術」なのであるが、問題は使う材料の質や値段で、そういう場合、もう以前とは違うというか、当たり前だが、落ちる可能性がはるかに多い。

この話と関係ないが、香港の本当の名店は、実はOpen Riceでの評価は、そこまで高くないこともある。これは、やはり、「ステマ」を使う店とは別に、本当に良い店は、他人に教えたくない上、逆にこれ以上、お客が増えないよう、「逆ステマ」をする人までいる。日本人ほど、一部企業に儲けさせるような、お人好しではない。

話を戻すが、まあたとえ、レストランオーナーが同じでも、スタッフが全く入れ替わり、質もゲキ落ちというパターンはここ10年近く、よくある話ではあった。コスト削減のためだ。

「食の香港」、「やはり香港のレベルは凄い」というのは、確かに、そんな店も未だに存在するものの、詳しく話を聞くと、一体、いつの話をしているのかと思ってしまうことがある。
「香港は金持ちが集まる。だから食材が・・・」という人がいるが、じゃあ、今、誰が金持ちかで、その金持ちが好む味は?なのだ。

実際、もう亡くなられた、日本のレストランでも指導されたことがある、香港の点心などを料理されていた、引退された元シェフの方も嘆いておられた話を以前書いたことがあったが、本当に香港はもう昔の香港ではない。昔は、中国の方で、いろいろな賞を勝ち取った凄腕のシェフですら、香港では単なる田舎者扱いだった。料理のセンスという点だ。しかし、そのセンスの塊のような人たちは、もう香港には、そんなにいない。引退されたり、もう亡くなられたり、他の国に行ったりだ。他の国でも、そういう人たちは、そこで、確かな腕をふるっている。また香港自体も、不動産が第一で、料理など、どうでも良いのだ。とにかく「お金」なのだ。
だから、そんな状況がいつまで続くのかと思ったが、香港のそういうもののが、後々蘇るどころか、現在、ますます中国化しているというか、まあ、香港は、97年以降、中国なのだけれども。

結局、今の香港では、レストランとか、この「なりきりの術」が正しい方法なのかもしれない。

そして、まあ、レストランだけではなく、今の香港で香港人が生き抜くには、今までの方法では誰も助けてはくれない。でも、生きなければいけない。魂をどこどこに売ったとか、非難されようが、その道で流れに乗って強いものにつき、賢く金儲けというのが、この時代の香港を生き抜くのには正しい方法なのであろう。
香港映画の世界でも、チャップリンはいない。ただ、みんな辛いのかも・・・

格安航空券ena(イーナ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です