平日でも人だらけ

Pocket

今年は別に厄年でもないが、「念のため」、大きな2つのお寺に、ちょっと遅めの初詣へ行ってきた。旧正月の休みも開け、平日なので、さほど人もいないだろうと考えたのだが、それが甘かった。

まずは、沙田(シャーティン)の地下鉄、大圍(ダイワイ)駅の近くにある、「車公(チェーコン)廟」。その日は平日だというのに、相変わらずの人、人、人。
やはり、「金運」にも関係するので、ここの人気は高い。

先日書いたが、今年は例年と変わらぬ人の多さにもかかわらず、お賽銭や金運などをもたらすといわれる風車等の売り上げは、昨年に比べて落ちているそうだ。
temp1
確かに人の多さに比べて、風車などを買っている人の数は少ないような気がする。
以前、縁起物と思って買ったことがあるが、日本円で数百円程度の安いやつだったせいもあると思うが、たいしてその風車自体が回らなくて、逆に縁起が悪かったので、今回は、買わなかった。ただ、ここのお守り(金額は「御心」というやつ)は頂いた。そして、風車を回し、太鼓を叩いて、次のお参りに向かうことに。

temp2
その途中、あるおばあちゃんが手にした大きな風車は、結構、回りまくっていた。いいなと思ったが、それと同時に、結構お高いんでしょうと考えてしまう。実際、他の人の風車は、風が結構あるのに、回っていなかったりする。このおばあちゃんの金運は、今年良いかも・・・いや、最後のお迎えの前の・・・と不謹慎なことを考えたりする。

次は特に厄落としでも有名な、荃灣の圓玄學院へ。そこまで行くミニバス乗り場に行くと・・・・なんだ、この人の行列は・・・・

IMG_1356
結構、臨時のバスが次々来ているようだが、結局、1時間30分ほど待って、やっと乗れた。その日は、しつこく言うが、平日にかかわらずだ。
Temp4
やっとのことで、到着してからも大変。まず厄除け一式セット購入のために、またまた行列。今年は厄年ではないし、ここで帰りたくなる。しかも、その実際のお参りの順番待ちがまた大変。人が多すぎて、その行列がどこが最後尾かすらわからない。しかも、めちゃくちゃなのは、割り込んでくる人たちなどがいて、その割り込んできたところから、また行列ができ・・・絶句・・・。とにかく、どの行列が正しいのかわからない。「明らかに」間違った行列に他の人が注意するが、その間違った行列も、それなりの数になってしまっていて、ひっこみがつかない。居直って、「うちが正しい列だよ。あんたが間違っているんだよ!」と、理不尽に怒鳴る。数か所で、同じような怒鳴り声が聞こえてくる。ここまでくると、もう、どれが正しい行列もクソもない。

ここでもうさすがに泣きたくなって本当に帰ろうと思ったが、ここがやはりなんだかんだいっても、霊験あらかたな場所だかろうであろうか、何故か急に落ち着く。まるで、「ちゃんとお参りして帰りなさい」と、誰かが説得したような感覚に襲われ、実際、その後は、何故かスムーズに進み、お参りすることができる。

しかし、昨年はもっと人が多かったのに、今年は荒れるなと思ったが、今年の厄の干支を考えると、なんだか納得する。それと、やはり、みんなストレスが溜まっているのであろう。
確かに、香港自体は、今年は、波乱万丈の年なのかもしれない。

マカフィー・ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です